ベトナム中部の都市、ダナン&ホイアンの基礎情報

2019年12月2日更新

ベトナムの中部に位置し、観光地として注目度も上がっているのがダナン&ホイアン。

最近、日本からダナンへの直行便が就航したことで、日本人にとって行きやすいリゾート地となっています

今回の記事では、そんなダナン&ホイアンの基礎情報、アクセス、おすすめの時期と気候などをご紹介していきます。

「ハノイやホーチミンは行ったことがあるけど、ベトナム中部には行ったことがない」「海が好き」「歴史ある街並みが好き」という方は、この記事を読んで、ダナン&ホイアンをぜひチェックしてみてください!

ダナンって?

ベトナム中部に位置する街で、近年、海側エリアは高級ビーチリゾートとして開発が進んでいます。また、リゾートエリアと空港の中間に位置する街中では、昔ながらの家屋も残っており、どことなく懐かしさを感じさせる街です。

ダナンの魅力は、海際のリゾート地と、庶民的な街エリアの両方が楽しめるところ。

また、ダナンの周辺には世界遺産が3つあり、ダナン滞在と一緒に観光できる点も魅力です。

第一に、1993年にベトナム初の世界遺産として登録された「フエ」(ダナンから車で2時間程度)、第二に、中世に反映したチャンパ王国の聖地「ミーソン遺跡」(ダナンから車で1時間半程度)、第三に、旧市街がまるごと世界遺産に登録されている「ホイアン」(ダナンから車で30分程度)です。

ホイアンって?

ダナンから車で約30分の場所にあるのがホイアンです。

ホイアンの魅力は何といっても街並み。旧市街全体が世界遺産に登録されており、どこを歩いてもノスタルジックで雰囲気満点な風景を楽しめます。

古くは貿易港として栄えたこの街は、中国、日本、フランスの建築様式が混合した家々が建ち並び、文化の豊かさを感じることができます。また、16世紀には1000人以上の日本人が住んだといわれ、「日本橋」と呼ばれる橋も残っています。

昼に歴史的建造物を散策するのもホイアンの魅力ですが、夜のホイアンも大変美しいです。夜になると街中にランタンが灯され、ロマンチックな雰囲気で満たされます。川で船に乗ったり、灯籠流しをすることもできます。

滞在するなら、ぜひ昼間と夜の両方の街並みを楽しんでください。

更に、毎月満月の夜には「ランタン祭」が開催されます。これは、街中の明かりを消し、ランタンだけを灯す祭です。

ホイアンは、街全体がこぢんまりとしており、散策にちょうど良いサイズの街です。また、伝統的建物と併存して、外国人向けのおしゃれなカフェやレストランも立ち並んでいます。世界的な観光地とあって、料理やドリンクのレベルは大変高く、グルメ好きにもおすすめできる街です。

ダナン・ホイアンのアクセス

ダナン・ホイアン2都市の最寄であるダナン国際空港は、成田空港から直行便で約5時間半の距離にあります。

空港からダナンの街中までは、車で20分程度と、大変アクセスが良いです。

更に、ダナンの街中からホイアンまでは車で30分程度です。ダナンにホテルをとって、日帰りでホイアンを訪れたり、逆も可能です。

ダナンの空港付近や街中にはたくさんのタクシーが走っているので、通りで流しのタクシーを捕まえることもできます。ホーチミンと同じく、なるべく白い「ヴィナサンタクシー(Vinasun Taxi)」か、緑色の「マイリンタクシー(MaiLinh Taxi)」のどちらかに乗ることをおすすめします。

ホーチミンでタクシーの乗り方!

ホーチミンでタクシーの乗り方!

発達が目まぐるしいホーチミンですが、残念なことに地下鉄がありません。交通手段はセオム(バイクタクシー)、バス、ま...

ダナン・ホイアンのおすすめの時期と気候

ベトナム中部に位置するダナン・ホイアンは、1年が雨季(9月~2月)と乾季(3月~8月)に分かれている「熱帯モンスーン気候」です。

年間を通して高温多湿で、おおむね半袖、短パンなどの服装で問題ありません。ただ、夜に肌寒くなったり、日中の室内でのエアコン対策のために、薄手のパーカーなどを持って行くことをおすすめします。

以下では、雨季、乾季別に気候について説明していきます。

雨季(9月~2月)

雨季と言っても、スコールのようなまとまった雨が降る日が増えるだけで、一日中雨が降り続くというわけではありません。

9~10月は雨季が始まる時期で、気温は23~32度。11~2月は、24~28度となりやや涼しくなりますが、10月の終わりから11月にかけては台風シーズンなので、避けた方が無難です。

雨季は1月~2月に終わります。雨季の終わりかけは、雨か曇りの日が多いですが、やや涼しくなり、過ごしやすくなります。しかし風が強く肌寒く感じる時もあるので、長袖の上着を忘れないようにしてください。

海水浴をするなら、台風が来たり、波が高くなり海の透明度も悪くなっていく雨季は、あまりおすすめしません。また、海によっては、9月からはクラゲが出てくるため海水浴が禁止されるところもあります。

市内観光なら、あまり暑くない雨季はおすすめです。台風シーズンが来る前の9~10月か、来た後の12~2月なら、比較的涼しい中で街歩きが出来ます(ただし雨は降るので雨具を忘れないようにしてください)。

乾季(3月~8月)

乾季は3~4月に始まり、この時期の気温は23~30度となります。5~8月は乾季まっさかりで、気温は25~34度と最も暑い時期です。ただ、5、6月は晴れの日が多いため、観光向きではあります。7、8月は天気は良いですが、日差しが強烈なため、日焼け対策や熱中症対策をする必要があります。

海水浴を楽しむなら、乾季の中でも5月~7月が最も適していると言われています。カラッとした陽気と、透明度の高いビーチが楽しめます。サーフィンやパラセーリングなどのマリンスポーツも、この時期がおすすめです。

ダナン・ホイアン旅行のもちもの

基本的にはホーチミン旅行の持ち物とあまり変わりません。だたし、ホーチミンより天気が変わりやすく、また海際は日差しが強いため

・日差し対策グッズ(日焼け止め、サングラス、帽子など)

・雨具(雨季の場合)

は、きちんと準備することをおすすめします。ダナン・ホイアンは、ホーチミンに比べて街の規模が小さく、コンビニなどもあまりないため、現地調達が難しい場合もあります。日本から使い慣れたアイテムを持っていくと安心です。

ベトナム・ホーチミン旅行の必需品は何?〜持っていくものリスト〜

ベトナム・ホーチミン旅行の必需品は何?〜持っていくものリスト〜

最近、旅行先として人気上昇中なのがベトナム・ホーチミン。おいしいベトナム料理、コロニアルな街並みや建築物、リーズナブルな値段...

子連れで行くホーチミン旅行の必需品は何?〜子持ち主婦がすすめる旅の準備品〜

子連れで行くホーチミン旅行の必需品は何?〜子持ち主婦がすすめる旅の準備品〜

最近、海外旅行先として人気上昇中のベトナム・ホーチミン。美味しいベトナム料理はもちろん、可愛い雑貨や陶器、服飾雑貨など特に女...

ベトナム旅行で生理になりそう?女子旅の必需品

ベトナム旅行で生理になりそう?女子旅の必需品

最近、女子旅で人気上昇中なのがベトナム。かわいい雑貨、ヘルシーなベトナム料理、リーズナブルな値段で楽しめる高級ホテル、贅沢な...

まとめ

以上が、ダナン・ホイアンの基本情報でした。ダナン・ホイアンは、日本から飛行機で5時間半、ホーチミンからも1時間程度で行ける都市です。日本人からもじわじわ注目度が高まっているため、今のうちに訪れることをぜひおすすめします!

関連情報はこちら

【インタビュー】ダナン4つ星ホテルのゲストリレーションズに訊くホテルマンの醍醐味

【インタビュー】ダナン4つ星ホテルのゲストリレーションズに訊くホテルマンの醍醐味

どんな旅人も必ずお旅行先でお世話になるのがホテル。海外旅行だからと意気込んで4つ星、5つ星といった高級ホテルを予...

ホーチミンから1時間!ダナンの不思議なテーマパーク・バナヒルズを楽しもう

ホーチミンから1時間!ダナンの不思議なテーマパーク・バナヒルズを楽しもう

ベトナムには、日本では考えもしないような不思議なテーマパークが存在します。この記事では、南国の楽しみ方だけではな...


リゾートビーチダナン中部ホイアン歴史古都

渋澤怜が最近書いた記事

おすすめの記事