ホーチミンのホーチミン観光の基本情報

ベトナムは日本から約3600km離れた東南アジア諸国の一つ。南北に長い国土をもつベトナムは、その歪な形からしばしば龍に例えられることも。ホーチミンは年間40万人の日本人が訪れる観光都市として成長し、"東洋のパリ"、"プチパリ"などとも呼ばれています。ベトナムは約100年の間フランスに支配されていました。現在ではベトナムの習慣として根付いているカフェやコーヒー、サンドウィッチなども、この時代にもたらされたものですし、白亜の建築物もコロニアル建築と呼ばれ、フランス支配の象徴でもあります。滞在中はそういった日本とはまるで異なる文化、習慣、雰囲気を楽しむことができるでしょう。この項目ではホーチミン旅行に関する基本情報を紹介。現地でのスマホ事情や郵便事情、服装や両替方法に至るまでの詳しい情報を網羅しています。ビギナー旅行者はもちろん、旅慣れた方でもベトナムが初めてという人は、旅の指南書として一読いただければ幸いです。

ホーチミン・ホーチミン観光の基本情報のおすすめ記事