ホーチミン最大のナイトマーケットに行こう!

2017年10月10日更新

ホーチミン旅行でナイトマーケットといえば、ベンタイン市場の周辺で毎夜開催される夜市が定番どころ。どのガイドブックでも紹介されていますね。確かにこちらは雑貨店から食堂まであり屋台が連なり、旅行者は東南アジア旅行らしい夜を満喫することができるでしょう。しかし、規模で言えば実をいうと小さめ。アジア旅行が好きな方の中には、「こんなものか」と少し残念がる人もいるかもしれませんね。

そこで、今回紹介するのは、『ホーチミン市内で最大規模のナイトマーケット』です。中心部からは少々距離がありますが、タクシーを走らせて十分行く価値があります。

場所はゴーバップ区

旅行者にとっては聞きなれないゴーバップ区。ホーチミン市内の北側エリアにあり、クチトンネルやカオダイ教総本山といった郊外ツアーに参加される方は、このゴーバップ区を抜けて北上します。

そのゴーバップ区はホーチミン市のベッドタウン。市内で最も人口が多い町として知られている町です。市民劇場などがある観光の中心1区からは、タクシーで向かうこと約40分程度。いささか遠く感じるかもしれませんが、十分価値ある時間を過ごすことができるはずです。

ホーチミン市最大規模のナイトマーケットへようこそ!

毎夜開催されるナイトマーケットは、ゴーバップ区の目貫通りであるワンチョン(Quang Trung)通り沿いにあるハントンタイ(Hanh Thong Tay)市場で行われます。タクシーの運転手には市場名を伝えるといいでしょう。誰もが知っているほど有名です。

写真上のこちらは日曜日の夜19時頃の様子。金曜~日曜の週末が混雑しています。ここに訪れる人はほぼ現地のベトナム人なので、旅行者は目立つためスリ対策は必須。貴重品や大金は持ち歩かないようにしてください。

店が並ぶ範囲はハントンタイ市場の外回り周辺ですが、市場周辺は寄り添うように住宅が軒を連ねていて、店の範囲はそこまで及ぶので、ベンタイン市場のナイトマーケットと規模を比べると圧倒的です。

ただし、上述したようにこちらの市場はほぼ100%ベトナム人。ですので、お土産に買って帰りたくなるような小物雑貨や海鮮を扱う大きな食堂もありません。市場前にはフォーやベトナム風焼きそばなど庶民的な料理を扱う屋台がいくつか見かけますが、衛生面に心配であれば避けておくのが無難。ディナーを1区でしたのちに向かうといいでしょう。

とにかく安い!服は一枚150円!

お店の7割は洋服やジーンズといった衣類で、3割がアクセサリーや靴、バッグなど服飾のお店。そして、声を大にして言いたいのが、「なによりも安い!」ということ。ホーチミンの中心1区では決して見ることが叶わない値段の看板をあちらこちらで視界にとらえることができます。

写真上は1枚3万5000ドンの洋服。日本円に換算すると170円程度。2~3万ドン(100~150円)程度の洋服もゴロゴロと見かけます。

ベトナムを象徴づけるようなロゴがプリントされた、いわゆる"ベトT"はありませんが、ベトナム人が日ごろ着用している洋服はお土産としてもいいのでは。品質は確かによくありませんが、部屋着やベトナム旅行中のみ着る分には十分活躍してくれるはずです。

おすすめはプリントTシャツは問題ありませんが、色染めされた洋服は洗濯したとき色落ちや色移りする可能性があるので少々厄介。ほとんどの商品は品質表示がないので心配な方は手洗いがおすすめです。

ハントンタイ市場では、ショッピングを楽しむよりは、その場の雰囲気やベトナム人の生活風景を楽しんでみてください。どこよりもベトナムらしい光景と時間にひたすら浸ることができます。

もちろん買い物も自由。洋服だけではなく化粧品やアクセサリーも手に取ってみてください。化粧品はブランド品は偽物なのでおすすめできませんが、ここ数年でどっと流行りはじめた韓国系のものや日本産のものも見つけることができるかと思います。

値段のラベルはついていませんが、基本ぼったくりがないのも地元密着型のナイトマーケットのいいところ。彼らのほとんどは外国人慣れしていないので、きっとにっこりと笑って安くしてくれることでしょう。

在住日本人の間では、しばしば「ハノイは東京、ホーチミンは大阪に気質が似ている」と言われます。筆者もそれに共感。ホーチミンの人々は本当に気さくに、無邪気に話しかけてきてくれます。

屋台グルメも一押し

バイクや自転車、人力で引く屋台もこの市場内で多く見かけることができます。屋台で売っている多くは旅行者が日ごろ行くようなレストランでは食べられないものばかり。もちろんレストランの料理はおいしいですが、下町で愛されるB級グルメだって負けてはいません。

こちらはバンチャンヌン(Banh Trang Nuong)。レストランではほとんど見かけない屋台発祥のグルメ。一枚1万5000ドン(75円)。その他にもココナッツジュースにレモンの果汁を入れたユアタック(Dua Tac)も屋台ならでは。

現地人に交じって洋服を物色し、屋台料理を愛でる。そんなベトナムのローカル時間を満喫していってください。

名称:ハントンタイ市場(Hanh Thong Tay)

アクセス:タクシーにて北上。ハントンタイ市場までと告げると分かりやすいです。


ナイトマーケットゴーバップ

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事