「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

2021年1月4日更新

「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」って?

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

ガストロノミーとは、フランス語で「美食」をあらわす言葉です。日本では食道楽や、美食学と訳されることもあります。食事全般を、文化や芸術のレベルまで高めて理論展開をする考え方です。

ガストロノミーレストラン、またはガストロノミックとは、レストランの中でも特に高級で、上質な素材が使われ、シェフによる調理法も追及された場所のことを言います。

そんなガストロノミーが楽しめるお店が、ホーチミンにもあります。その名も「モンキーギャラリー」。まるで現代アートのギャラリーのような構えのおしゃれなレストランで、名前の「モンキー」は、1992年・申年生まれの若者たちによって発足したことからとられたそうです。

料理は、フランス、日本、ベトナム料理を組み合わせた創作アジア料理で、独特で斬新、オリジナリティにあふれています。フランスに2年、日本に1年滞在して料理を学んだシェフが手掛けているそうです。

こちらのお店、かなりお高くはあるのですが、今回はなんと「シグネチャーコース」(920,000VND)ペアチケットを頂いたので、行ってきました!

「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のアクセス

ドンコイ通りとグエンフエ通りの間の、マックチーブオイ(Mac Thi Buoi)通りに位置しています。ホーチミンの一等地ですね。ベトナム料理の「RUNAM」や、ケーキ屋さんの「suger」もすぐ向かいにあります。

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

大きな看板はなく、スタイリッシュな外観です。ちょっと分かりにくいので、店先の電看板を探してみてください。

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

1階はデザートバーとなっています。ダイニングの場合、奥から階段をのぼって、3階へ向かいます(2階も小さめのダイニングになっていました)。

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

最上階である3階はこんな感じ。

天井が大変高く、3.5階のロフトのような空間もあります。窓が広く取られ、気持ちがいいです。

いすやテーブル、カトラリーにまで統一感があり、シックなトーンでまとめられています。ベトナムの中ではかなりおとなしい色合いで、日本人の方も落ち着けると思います。

カウンター席もあります。ベトナムには珍しいオープンキッチンを見ながら食事できるので新鮮です。

「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のメニュー

コースは、ランチのみで頼める「スタイリッシュコース」(390,000VND)という二皿のコースと、ランチとディナーの両方で頼める「シグネチャーコース」(920,000VND)という4皿のコースがあります。今回は後者となります。それぞれ4品のなかから1品ずつ選んでいきます。

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

メニューには、食材だけが書かれており、どんな料理が出て来るのかははっきり分からず、わくわく感があります。

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

まず、一品目に入る前にアミューズが出てきます。特に左側のバナナが濃厚でとてもおいしかったです。

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

一品目は「Beef tartare×Fermented chilli×Cured Egg」を注文しました。「Fermented chilli」とは発酵した唐辛子だそうです。オーダーの時に「生の肉ですが大丈夫ですか」と聞かれました。洋風のユッケのような料理で、パンにのせながら食べました。

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

二品目は「Asparagus ×Crab× Miso Hollandaise」。まるでケーキのような一皿です。短く切ったアスパラガスが外側に並べられ、中にはオランデーズソースとカニがはいっています。オランデーズソースというのは、バターとレモン果汁と卵黄を乳化させたソースだそうです。上には食用花が飾られ、見た目もかわいらしかったです。

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

三品目がメイン。「Baby lamb×Eggplant×Black Garlic」。柔らかくておいしいラム肉で骨の間の肉まで全部食べてしまいました。

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

四品目はデザート「Hoa loc Mango×coconut×Tapioca」でした。マンゴーのアイスクリームの上にココナッツのムースがかかり、上にはライムがかざられていて、さっぱりとした後味でした。

まとめ

「高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」のシグネチャーコース体験

以上が「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」の「シグネチャーコース」(920,000VND)のご紹介でした。食べたことがない料理ばかりが出るので新鮮で、わくわくする時間をすごせました。ボリュームはそんなにないですし、ご飯やパンが出てくるわけではないので量的に少し足りなかったです。すごくお腹が空いている時には行かない方がいいですね笑

コース料理なので、時間、金銭、腹具合的に余裕がある時に行くべきだし、けして使い勝手が良いお店というわけではないですが……ホーチミンで似たようなお店はあまりなく、印象ぶかい体験が出来ると思います。

私は以前、スタイリッシュコースという2品のコースに行ったこともあります。そちらの様子はこちら。

【週末特集】高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」に行ってみた

【週末特集】高級ガストロノミー「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」に行ってみた

「The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)」って? ガスト...

ちょっと変わったレストランを探している時はぜひ候補に加えてみてください!

まとめ

The Monkey Gallery DINING(ザ・モンキーギャラリーダイニング)

住所:91 Mac Thi Buoi St., Dist.1, HCMC

電話番号:079 399 1992

営業時間: 11:30~14:30/18:00~22:00

関連情報はこちら

2020年のベトナム高級ホテルの月餅ボックスがまるでコフレのように可愛いので見てほしい

2020年のベトナム高級ホテルの月餅ボックスがまるでコフレのように可愛いので見てほしい

ベトナムの中秋について ベトナム在住のみなさん、そろそろ中秋節にむけて、月餅が売り出され始めましたね! ...

超高級ホテル「ザ・レヴェリー・サイゴン」は何もかもゴージャスすぎた

超高級ホテル「ザ・レヴェリー・サイゴン」は何もかもゴージャスすぎた

ホーチミンの中心街、ドンコイ通り。 ここを通るたびに「なんだかすごい入口のビルがあるなあ……」と思っていたのですが……。 ...

【週末特集】2区の高級ブティックホテル「ミアサイゴン」に泊まってみた

【週末特集】2区の高級ブティックホテル「ミアサイゴン」に泊まってみた

「Mia saigon(ミアサイゴン)」って? 「Mia Saigon Luxury Boutique ...


高級レストランドンコイ通り1区ガストロノミー

渋澤怜が最近書いた記事

おすすめのアイテム

おすすめの記事