【週末特集】2度目以降のベトナム旅行で行きたいレストラン

2017年7月29日更新

先日お会いした旅行者の中に、「ホーチミンに魅せられて、毎年来てる」という女性がいました。ホーチミンも近年は観光インフラが着々と進み、リピーターも増加中とのこと。1度ならず2度、3度来る旅行者も多く見かけるようになりました。

そこで、「2度目以降のホーチミンに慣れた旅行者に足を運んでほしいレストラン」。それが今回の週末特集のテーマ。

最初の観光では王道どころに走った方も、今回はちょっと目新しいお店を体験してみてはいかがでしょうか。

2度目以降に行きたいレストラン!

オックダオ (おっくだお)

オックダオ (おっくだお)Oc Dao

ホーチミン市内中心で貝料理店をさがすなら、まずはここ!現地の有名貝専門店

ベトナム人は無類の貝好き。日本では滅多に食べる機会のない貝を心行くまでお楽しみください。

コム・タム・モック (コムタムモック)

コム・タム・モック (コムタムモック)Com Tam Moc

ローカルグルメをレストランで♪飲茶風料理も人気

ベトナムの庶民料理「コムタム(砕きご飯)」を扱うレストラン。シンプルながらも押さえておきたい料理。

タイム・ビストロ (サイゴン・キュイジーヌ)

タイム・ビストロ (サイゴン・キュイジーヌ)Time bistro Saigon cuisine

1960年代サイゴンの古き良き町をイメージしたデザイナーズレストラン

グエンフエ通りにある創作料理が自慢のレストラン。季節ごとに料理が変わる工夫もナイス。

バインセオ 46A (バインセオヨンジュウロクエー)

バインセオ 46A (バインセオヨンジュウロクエー)Banh Xeo 46A

ローカル食堂で食べるバインセオこそ、本当においしい!

南部名物バインセオの人気店。ちょっと奥まった場所にある食堂ながら、日本人客含むツアー団体も訪れる老舗。

ブンダウゴーニョーフォーニョー (158パスター通り路地先)

ブンダウゴーニョーフォーニョー (158パスター通り路地先)Bun Dau Ngo Nho Pho Nho

現地人が足繁く通う食堂。ハノイ名物のブンダウマントムの専門店

ベトナムらしい料理といえばこちら。北部発祥の素朴な素材の旨味を引き出した料理です。

チャー・カー・ラー・ボン (チャー・カー・ラー・ボン)

チャー・カー・ラー・ボン (チャー・カー・ラー・ボン)Cha Ca La Vong

メニューは一品のみ!雷魚の油鍋とはどんなお味?

川魚をぶつ切りにして、香草と一緒に多量の油で炒めた料理。クセのあるマントムをつけダレにご堪能ください。

ブンチャー・ホーヨム ()

ブンチャー・ホーヨム ()Bun Cha Ho Guom

ハノイ名物ブン・チャーをホーチミンで!

ハノイ名物ブンチャーの名店。つけ麺として知られる出汁のお味は?

ファイブオイスターズレストラン (ベトナム料理&シーフード)

ファイブオイスターズレストラン (ベトナム料理&シーフード)Five Oysters Restaurant

新鮮なシーフードをベトナムの景色とともに、ベトナム価格で楽しむ

バックパッカー通りにあるイケてるお店。シーフードがおすすめで生カキは一ケ50円!

5くステーション (ゴクステーション)

5くステーション (ゴクステーション)5ku Station

オープンエア型レストラン。ベトナムの雰囲気に浸るならここがおすすめ!

ベトナムの居酒屋スタイル。値段は均一なので注文しやすさもGood

週末特集レストラン

この記事をシェアする

この記事で紹介したスポット

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事

カテゴリ

地域で探す