本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介

2020年10月26日更新

バインミー とは?バインミーの値段

本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介

バインミーといえば、ベトナムを代表する食材ですよね。もともとはフランスパンをベトナムでカスタマイズしたパンで、サクサクカリッとした食感が美味しい定番朝食です。バターやハムは高価で手に入りにくかったため、学生や労働者など庶民でも楽しめる豚や鳥などの具材に変化していったと言われています。朝早くから活動する人たちの為に簡単にお持ち帰りできるように具材をバゲットに挟むようになり、ベトナム風のバインミーが出来たといわれています。また、バインミー といえば路店が一般的で、価格は20,000VND(約100円)〜30,000VND(約150円)と安価で楽しまれています。カフェは割高でお店によってピンキリですがだいたい60,000VND(約300円)〜200,000VND(1,000円)くらいです。最近は日本でもカフェチェーンなどで「バインミー」と言う名前で販売されるほど有名になり、世界的広がりを見せています。きちんと朝ごはんを食べる習慣のあるベトナム人にとって栄養バランスも良くお持ち帰りもできるバインミーはソウルフードとなりました。

各地で少しづつ異なるベトナムのバインミー

本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介

ベトナム風バインミーは、北部(ハノイ)・中部(ホイアン)・南部(ホーチミン)で特徴があります。ハノイは具材が控えめ。中部(ホイアン)は、青パパイヤサラダが入っていて、バインミー の先が尖っています。南部(ホーチミン)は、ぎゅうぎゅうに具材を詰め込んだボリューム満点なバインミー が特徴です。ベトナムに来たら必ず食べたいおすすめの名店と呼ばれるお店をご紹介します。

ホイアンでバインミーを食べるなら、バインミー フーンへ

ベトナムに来たら絶対に食べたいバインミー は中部ホイアンにあり。

本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介

ホイアンはカオラウやホワイトローズ、ミークアンが3大名物ですが、バインミーも他の地域と異なりホイアンでしから食べられない名物料理です。青パパイヤが入ったとてもお洒落なバインミー が食べられます。ホイアンの歴史ある黄色い壁の街で是非パパイヤの入ったバインミー を食べてみてください。

本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介

もともとニューヨークの有名シェフ「アンソニー・ボーデイン」が番組でバインミー フーンを絶賛したことから有名になったようです。トリップアドバイザーでは評価5の名店であり、ニューヨークの超有名シェフ「アンソニー・ボーデイン」に従うべきと書かれています。店内にはバインミー だけでなく、カオラウやミークワンなどのホイアン名物料理も食べらます。パパイヤサラダの入ったホイアンスタイルバインミーは是非ここで。

バインミー・フーン

2b Phan Chu Trinh, Cẩm Châu, Hội An, Quảng Nam 560000

090 574 37 73

ホーチミンでバインミー を食べるならニューランか、ヒュエンホア

ニューラン Nhu Lan

ホーチミンの名店バインミーは在住者なら誰でも知ってるほどの有名店が「ニューラン Nhu Lan」です。オーソドックスな具材と美味しいパンが楽しめて、市内観光地(グエン・フエ)に近いのでおすすめの場所です。

本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介ニューラン Nhu Lan店舗情報はこちら

52 Hàm Nghi, Bến Nghé, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム

4時00分~2時00分

Banh Mi Hyuen Hoa

ベトナム人にも人気の名店「Huyen Hoa(ヒュエンホア)」は具材がたっぷりと入っていて「ザ・ホーチミンのバインミー 」を食べたい方におすすめです。朝は営業しておらず14時からオープンしているので、おやつ感覚で立ち寄るといいと思います。15時すぎごろになると大混雑でオーダーもままならないのでちょっと大変かもしれませんが、苦労して食べる価値はありです。

Huyen Hoaは、Now Delivery で宅配も出来るので、ホテルでデリバリーにして食べるのもおすすめです。

本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介Bánh Mì Huynh Hoa(ヒュエンホア)店舗情報はこちら

26 Lê Thị Riêng, P. Bến Thành, Quận 1, TP. HCM.

14時00分~23時00分

2020年注目のバインミーをご紹介

旅行者や女子旅におすすめなのがカフェのバインミー 。ベトナム・ホーチミンはカフェ天国と呼ばれるほど多数なお店があり、おしゃれなカフェで美味しいバインミーを楽しめます。ホーチミンには西洋人の街と呼ばれるタオディエンには、フランス風カスクートのバインミーが楽しめます。バインミーの種類と2020年おすすめのお店をご紹介します。

プロパガンダ・サイゴン・ビストロ〜Propaganda Saigon Bistro

本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介

プロパガンダ・サイゴン・ビストロは観光地「サイゴン大教会」から徒歩3分にあるベトナムのプロパガンダアートが全面に使われているレストランです。数種類のセットランチのベトナム料理を選べます。その内のおすすめメニューがバインミー 。ベトナムミルクコーヒーと一緒にいただきましょう。

本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介プロパガンダサイゴンビストロの店舗情報はこちら

ゆっくりカフェで楽しむならーBANH MI 362 〜バインミー362〜

1980年から創業の老舗店。お昼時にはベトナム人や欧米人で賑わう人気店です。12種類のバインミー の具材を選び、具材の追加や苦手な具材を抜きにします。サブウェイのような形でオーダーが可能なので、路上オーダーが心配な方におすすめです。パクチー抜きにしますか?など外国人の接客にも慣れています。価格は約33000ドン(約170円)とリーズナブル。

本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介

オーダー方法〜How to order〜

1.12種類のバインミーから好きな具を選びます。

2.香草や唐辛子などをトッピングします。

唐辛子やパクチーなどの香草が苦手な方は

苦手なものを指して”コンカン(Khong can)”と言えば抜いてくれます。

⒊追加したい具をオーダーします。

ハムや卵、チーズなどお好みで追加できます。

BANH MI 362 〜バインミー362〜店舗情報はこちら

MAD HOUSE 〜マッドハウス

マッド・ハウス (マッドハウス)

マッド・ハウスMad House

西洋料理とベトナム料理を同時に楽しむ。キッズ広場もある

大通りから少し入ったヨーロッパ風のヴィラが立ち並ぶNguyen u di 通りから少し小道に入ったところにマッドハウスレストランはあります。

この店おすすめの焼きゴートチーズバインミーは、さっぱりバジルペーストとバルサミコソースにこんがり焼いたこってりゴートチーズをのせたカスクートスタイル。一度食べたら忘れられない味で欧米人在住者のリピート率No.1のバインミーです。価格は1,200円と破格の値段ですが、外国人エリアタオディエンの相場並みでしょう。

外のデッキスペースで、サイゴンの風を感じながら食べるバインミーは再び訪れたくなるお店間違いなし。

砂糖不使用のGREEN DETOX ジュース、お酒が好きな方は、さっぱりFROZEN MAGARITAも一緒にどうぞ。

Gratinated goat cheese banh mi 焼きゴートチーズ バインミー

Goat cheese, basil pesto, balsamic cashew nuts, sun dried tomato & arugula

価格 約240,000ドン

Mad house-マッドハウス-店舗情報はこちら

黒いバインミー

ベトナムではバインミーは昔からありますが、もちろん、色んな種類がでてきたり進化しています。バインミーの種類は柔らかかったり、固めだったり、炭焼、オーブン焼きなど。具材はパテやハム、豚肉、魚の練り物、ミートボールなど本当に様々です。

最近のホーチミンの注目バインミーは「黒バインミー」炭を記事に練り込んで真っ黒になったバインミー。ゴマの香りが香ばしいふかふかのパンは、見た目だけでなく味も注目です。

本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介本場ベトナムで食べるバインミーの名店と、最新カフェのバインミーをご紹介

文化具材ホーチミンパンバゲッドカスクート黒いフランス文化ベトナムバインミー

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事