2区でベトナム料理をお手軽に味わえる「An Cafe(アンカフェ)」

2019年9月11日更新

ホーチミンの2区ってどんなところ?

ホーチミン1区の中心部からサイゴン川を渡り、20分ほど北東にいったところにある閑静な住宅街。お洒落なカフェ、雑貨屋、家具屋などが集まっています。

2区の中でもタオディエンは欧米人が多く住むエリアで、中心街とは一線を画す、まるで西洋のような雰囲気がただよっています。

元々、騒々しく住宅が密集する1区の喧騒から離れて暮らしたい西洋人が集まって、新たな住宅街を形成したと言われています。

ちなみに、ホーチミンに近々完成する予定の地下鉄が近くを通るため、2区の地価も高まっており、さらに高級住宅街化しているそうです。

ホーチミン2区のタオディエンエリア~女子旅おすすめモデルコース

ホーチミン2区のタオディエンエリア~女子旅おすすめモデルコース

ベトナムへの女子旅で今注目のスポットと言えば、ホーチミン2区のタオディエンエリアではないでしょうか。 この...

そんな2区に、オープンエアの開放的な雰囲気の中ベトナム料理を楽しめるレストランがあります。

2区の割にはお値段も安めで、手軽に行けるため、おすすめです! 今回はそんな「An Cafe(アンカフェ)」をご紹介していきます。

An Cafe(アンカフェ)のアクセス

Tran Ngoc Dien通りに位置します。

新しくできた商業施設「BLOQ」などもある通りで、大きな看板もあるのですぐ分かると思います。

An Cafe(アンカフェ)の外観・内装

お店!という構えはなく、通りの左右になんとなく客席が位置しています。とても入りやすいしオープンな雰囲気ですね。ただしとても暑い日は、エアコンが無いためおすすめしません……私は曇り~スコールの時に滞在したので問題ありませんでした(スコールが降っても濡れないつくりになっているので、大丈夫です!)

天井が高くて解放感ありますね。壁の色がそこここで違ったり、アジアンな仏像がちょこんと置いてあったり、座る場所によってかなり内装がちがうので、見飽きません。ちょっとしたブティックホテルのロビーのような雰囲気です。

An Cafe(アンカフェ)のメニュー

メニューはこちら。

フォー、春巻き、バインセオなど、定番のベトナム料理は網羅されていますね。100,000VND(約500円)ぐらいからメニューがあるので、この立地と内装にしてはお手頃だと思います。

メニューは「SMALLER」「BIGGER」などと、ボリュームによって分けてあるので、腹具合によってメニューを選びやすいです。ベジタリアン、ビーガンにもばっちり対応です。

今回は、「LUNCH BOX」145,000VND(約700円)を注文しました。

こってりと甘めの味付けの豚肉、生春巻き、ベトナム定番のすっぱいスープ、なます風のサラダなど、ベトナムらしい料理が一通り食べられてお得です。とってもおいしくて素直な味、というか、ベトナム料理を食べ慣れない人にもおすすめできる味わいです。

生春巻きがものすごく大きくてうれしかったです。また、ソースが2種類あるのもありたがかったですね。

An Cafe(アンカフェ)お店の情報

以上がAn Cafe(アンカフェ)のご紹介でした。立地、内装、メニューなど全て良い感じなので、ホーチミンビギナーの方にはかなりおすすめです! 

2区を訪れた際は食事場所の候補に入れてみてください!

An Cafe(アンカフェ)

住所: 10 Tran Ngoc Dien D2

電話番号:+84 (0) 90 305 07 10

営業時間:7:00-

関連記事はこちら

2区のお洒落なレストラン「Mekong Marchant(メコン・マーチャント)」

2区のお洒落なレストラン「Mekong Marchant(メコン・マーチャント)」

「メコン・マーチャント」って? 外国人在住者が多く、西洋の雰囲気が漂う高級住宅街、2区のタオディエン地区。ホーチミン中心街...

2区の川沿いのレストラン「ザ・リバーハウス(THE RIVER HOUSE)」

2区の川沿いのレストラン「ザ・リバーハウス(THE RIVER HOUSE)」

2区で川を眺めながら食事できるレストラン ホーチミンの中でも高級な住まいやお洒落なお店が立ち並ぶ、2区。 東京に例えると...


オープンエア2区カフェレストランベトナム料理ancafeアンカフェ

渋澤怜が最近書いた記事

おすすめの記事