日本発、ホーチミン・タンソンニャット空港行の航空便の種類と時間

2023年2月3日更新

ベトナム南部のホーチミンシティへの旅行を検討されている方は、まずはフライト情報の確認を。2015年現在では、日本発ベトナム・ホーチミン行の便がある航空会社は「日本航空(JAL)」、「全日空(ANA)」、「ベトナム航空」の3社のみ。それ以外の航空会社を利用してホーチミンへ行く場合は、経由しなければなりません。

今回ご紹介するのは、上記3社の日本の各空港における発着情報です。

主要都市の空港からホーチミン行があります

タンソンニャット国際空港 (タンソンニャットコクサイクウコウ)

タンソンニャット国際空港Tansonnhat International Airport

ホーチミン旅行最初の観光スポットです♪

ホーチミン行の直行便が設けられている空港は、「成田」、「羽田」、「大阪(関西)」、「名古屋(中部)」、「福岡」の5都市。ただし、成田空港以外は1日1~2便程度なので、時間の確認は怠らないようお願いします。

成田空港

「日本航空(JAL)」、「全日空(ANA)」、「ベトナム航空」の3社すべてが発着。

「9:30発-14:00着」、「18:00発-21:50着」、「18:30発-22:15着」は毎日就航しています。「19:00発-23:30着」の夜便は月曜と金曜を除く毎日就航しています。

羽田空港

羽田空港からは、「日本航空(JAL)」の1社のみ。時刻は「1:25発-5:15着」の便が毎日就航。深夜便のみとあって、今後の拡大が期待されています。

関西空港

大阪発着の関西空港では、「日本航空(JAL)」と「ベトナム航空」の2社が就航。2社共に「10:30発-13:50着」の便が毎日就航しています。

2018年12月、「ベトジェットエア(Viet Jet Air)」が新規就航開始。毎日「9:30発-13:30着」の便となります。

大阪・関空からホーチミンへ6時間!LCCのベトジェットエアが直行便を就航

大阪・関空からホーチミンへ6時間!LCCのベトジェットエアが直行便を就航

2018年12月14日から、ベトナムのLCCベトジェットエア (Viet Jet Air) が、大阪・関西国際空...

中部航空

名古屋発着の中部航空では、「10:15発-14:00着」のベトナム航空のみとなり、火曜、木曜、日曜の週3便の就航となります。

福岡空港

福岡空港では、「日本航空(JAL)」と「ベトナム航空」の2社が就航。2社共に「10:30発-13:35着」の便となり、木曜、日曜の週2便の就航となります。

日本からホーチミンのフライト時間は5時間~6時間となります。ベトナム航空は機体によっては座席前に液晶画面がないので、時間潰しの娯楽道具を持ち込むことをおすすめします。


飛行機空港タンソンニャット成田フライト時間

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事