ホーチミンでバスに乗ろう!

2017年10月8日更新

ホーチミンでバスに乗ろう!

ホーチミンでの移動で欠かせないのがセオム、タクシーそしてバスです!

バスは英語が通じないのと路線がたくさんあるので、観光客には少しハードルが高いですが、ローカルバスを上手に利用出来れば、安く観光ができとても便利です。今回はホーチミンでのバスの乗り方をみていきましょう。

バスの路線図&交通局HP

まず、ホーチミンのバスの路線図をみて、どのバスに乗ったらどこへ行けるのかを確認しておきましょう。どこにバス停があるか分からない人はベンタインバスターミナルに行けば、ほとんどのバスがここから発車しているので乗りやすいです。ここで地図や切符も買えます。

ここから全体の路線図が見れます。

http://www.mappery.com/map-of/Ho-Chi-Minh-Tourist-Map-2

ホーチミン市交通局のホームページからバスの到着予定時刻がチェックできます。

http://buyttphcm.com.vn/en-us/Home

乗り方

ホーチミンでバスに乗ろう!

ベトナムのバスはバス停で待っているだけでは止まってくれません。バスが見えたら手を上げて乗りたいことをしっかりアピールして下さい。バス停の近くでスピードを落としてくれるので、その隙に急いで乗って下さい。(完全に止まることは少ないです。)

無事に乗れたら座って乗務員が乗車料金を徴収しに来るのを待ちましょう。そして「どこ行くの?(Di dau?ディーダウ?)」と聞かれるので目的地を告げましょう。乗る路線や距離によって値段が変わります。(5000ドン〜7000ドン)、日本円で25円〜30円と激安です。支払いが終わると切符をくれるので、降り終わるまでは控えておきましょう。

*スーツケースなどの大きい手荷物がある場合は追加で5000ドン請求されます。

ベトナムのバスには降車ボタンがないので(有っても動いてない)降りたい時は「降ります!Toi Xuong (トイ スオン)」と言うか、ジェスチャーで降りることをアピールする必要があります。目的地が近くなったら後ろドアの前に移動して降りたさそうに準備をしておきましょう。

目的地に着いてもバスが完全に止まることはないので、ドアが開いたら急いで降りないと、発進されてしまいます。もし、降りる場所が不安な場合は事前にスタッフに目的地を知らせおくと、降りる時に教えてくれます。

注意点

*車内での飲食、喫煙は禁止です。

*ベトナムは儒教は発達している為、お年寄りを敬います。バスでお年寄りが立っていることはまずないです。バスで見かけたら率先して席を譲りましょう。

*中にはワンマンバスが走っている時もあります。運転手以外にスタッフがいない場合は運転席の方まで行き、お金を支払いましょう。

*まれに予定と違うルートを走ってるバスもあるので、Google MAP等で自分の所在地は把握しておきましょう。

*混んでたりすると、スリ被害にもあいやすくなります。携帯や貴重品の管理はしっかりしておきましょう。降りる時にもバイクのひったくりに気をつけて下さい。

慣れてしまえば、安くて便利なホーチミンのバスです。最低限のマナーは守ってベトナム人と一緒に気持ち良く乗れたらいいですね。


バス乗り方方法

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事