ベトナムの犬の名前事情

2018年1月9日更新

ベトナムはペットブーム!

ベトナムでは最近ペットブームの波が押し寄せています。

みな自分の愛犬を連れてカフェに行ったり、愛犬の写真をSNSに載せて自慢してみたり、日本にもあるような犬用の服を着せて公園を散歩させる姿も見かけるようになりました。

なんと、最近はベトナムにもペット専用のスパがあるんだとか。

今回は、そんなベトナムのペットブーム中で「犬の名前」にスポットを当てました。

ベトナムのわんちゃんは一体どんな名前がつけられているのでしょうか?

よくある名前

ベトナム人の友人に聞いたところ、

「ビー」、「ナー」、「ティ」、「ヴァン」、「ブン」

などの名前が定番で、

最近はもっと英語っぽい名前が増えている とのこと。

こうしてみると、一言で呼びやすい名前が多いのが見受けられます。

日本でかつて「ゴン太」や「ポチ」と名付けられていた犬がクッキーやショコラなど英語風の名前に変わっていったのと同じ傾向がありますね。

最近の名前

では最近のベトナムの犬の名前はどんなものがあるのでしょうか?一部を紹介していきます!

キキ、ルル、ミミ

→この同じ2文字の名前は、日本のペットでも見かける名前ですね。

ペット

→いくらなんでも安直すぎる気がしますが…ベトナムではペットの猫を「メオ」(ベトナム語で猫という意味)と呼ぶ家庭が多いそうなのでベトナムではあながち珍しい名前ではないのかも?!それにしても安直です…

グラブ

→昨今のベトナムで大変重宝されているタクシー配車アプリの名前そのままです。

呼んだらいつでもどこでも来てくれるように、という願いを込めてつけられたのでしょうか。

ケム

→ケムは、ベトナム語でアイスクリームという意味です。

アヒヒ、ヒヒ

→ベトナム語で笑っていることを文字で表すときにこれらの単語を使います。

日本語でいう「アハハ」や「エヘヘ」と同じ意味です。日本人の斜め上を行くネーミングセンス。

ソーリー

→ベトナム語でアセロラという意味です。

ベトナムではアセロラはおやつのような感覚でよく食べるとても身近なフルーツです。

ピカ

→ポケモンのピカチュウからとった名前です。なんだかつよそう。

チャーリー、レオ、テディ、トビー

→完全にアメリカナイズされていますね。

ベトナムのわんちゃんスナップ

最後に、身近にいるベトナムのわんちゃんスナップを数枚ですがお届けします!

この子は

トウシバちゃん

飼い主さんが家電屋を営んでいて、家電のTOSHIBAからつけられたのだそう。インパクト絶大のネーミングセンス。

トウシバと同居している

ブンちゃん

こちらはいたって普通の名前。

チワワの

ロウくん

最近ベトナムではチワワをよく見かけます

彼は会うたびにいつも足元をペロペロ舐め回してきます。

ミックスの

トミーくん

とってもお利口さんです。

最後に

いかがでしたか?

今回はベトナムの犬の名前というマニアックなテーマにスポットを当ててみました。

一部の地域では食犬文化があるベトナムですが、一方で最近では犬をパートナーとして可愛がる傾向もあります。

みなさんも、ベトナムでわんちゃんを見かけたら名前を聞いてみてください。想像を上回る面白い名前が聞けるかもしれません。


ツアーの予約はこちら

リョーコが最近書いた記事

おすすめの記事

カテゴリ

地域で探す