ベトナム旅行雨季の過ごし方

2023年2月3日更新

ベトナム旅行雨季の過ごし方

ベトナムには雨季(5月~10月)と乾季(11月~4月)あります。雨季の時期は1日に何回もスコールが降るので、やはり旅行するなら乾季の方が人気です。ですが、雨季は閑散期と言うこともあり、旅費も安くなるメリットがあります。そこで今回は雨季の時期の楽しい過ごし方をご紹介したいと思います。

カフェ

ベトナム旅行雨季の過ごし方

ホーチミンは歩けばカフェに当たると言っていいほどカフェがあります。最近ではオシャレなカフェ増えてきており、カフェ巡りがメインで訪れる方もいます。

またほとんどのカフェにはwifiが設備されており、インターネットを使いたい方もお勧めです。スコールの間はコーヒーを飲みながらプランを練り直したり、日本の家族や友人に連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

ショッピングセンター

ベトナム旅行雨季の過ごし方

ホーチミン市内には徒歩圏内に大型ショッピングセンターがいくつもあるので雨でも買い物を楽しむことができます。

有名なとこでは「ビンコムセンター」、「ダイヤモンドプラザ」、「パークソン」があります。2016年には高島屋も入っている「サイゴンセンター」がリニューアルオープンし、ホーチミンのショッピングセンターは益々充実したものになりました。

ショッピングセンターの中は有名ブランドから雑貨品などバラエティに富んでおり、レストラン、ゲームセンター、映画館も入っているので一日中楽しめます。

エステ、スパ

ベトナム旅行雨季の過ごし方

ホーチミン市内にはたくさんのエステ、スパやマッサージ店があります。値段も日本と比べると安いです。最近は日本語対応のお店も増えて来てるので安心して入れます。

チップはお店によっては入っているところもあるので確認しておきましょう。ぜひ旅の疲れを癒すのに訪れてみては?

市場

ベトナム旅行雨季の過ごし方

ホーチミン市内には「ベンタイン市場」、「ビンタイ市場」、「ヤーシン市場」、「アンドン市場」などたくさんの屋内市場があります。お値打ち価格な可愛い雑貨からキッチン用品まで色々なお店が並んでおり、ばら撒き用のお土産を買うのにも最適です。市場の中には食堂もあるるので、地元民の雰囲気を味わいながら食事を楽しめます。

博物館・美術館

ベトナム旅行雨季の過ごし方

意外かもしれませんが、ホーチミンにはたくさんの博物館・美術館があります。「ベトナム歴史博物館」「ホーチミン市博物館」「美術博物館」「統一会堂」などは、中心にも近く観光にも人気です。どれも入場料は10,000~15,000ドンとお手頃なので雨宿りのついでに寄ってみてもいいかもしれません。

上記にあげたように、ホーチミンには屋内でのアクティビティもたくさんあります。雨季のいきなり降るスコールには悩まされるかもしれませんが、事前に訪れる場所を決めておけば、雨季でもスムーズに旅を楽しめます。


雨季過ごし方

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事