ホーチミン旅行で食べておきたい5個の料理

2017年12月14日更新

ホーチミン旅行の楽しみによくあげられるのが料理です。安くて美味しいベトナム料理は人気です。今回はメジャーなベトナム料理以外にも食べてもらいたい5個の料理をご紹介したいと思います。

バインミーヌオン(Banh Mi Nuong)

ベトナムのB級グルメとしてバインミーは有名ですが、バインミーヌオンはそのバインミーを特性ダレをつけてこんがりと焼き上げたものです。1枚50円程度で購入出来るので色々なお店の味を楽しむこともできます。

米麺料理

ベトナムの代表的な料理としてフォーが有名ですが、ベトナムにはフォー以外にも様々な麺料理があります。ハノイなどの北部ではブンチャーやバインダークア、ダナンやホイアンなどの中部ではミークアンやカオラウ、ホーチミンなどの南部ではフーティウがあります。ホーチミンのレストランでも地域ごとのベトナム料理を提供しているお店はたくさんあるので、フォー以外にも違う米麺料理を試してみてはいかがでしょうか。

ココナッツ系ベトナムデザート

ココナッツジュースは街中ででもよく売られていて見かける機会も多いと思います。南国ホーチミンではジュースだけではなくココナッツ系のデザートも美味しいです。

ホーチミンで超有名な老舗のアイスクリーム店「Kem BACH DANG(ケム・バクダン)」でもココナッツのアイスが人気です。ココナッツをくり抜いた器の中にココナッツアイスとフルーツ、生クリームがたっぷりと盛り込まれているのでボリュームも満点です。

またバインフラン(ベトナムプリン)もベトナムデザートで有名ですが、ココナッツ味のプリンも美味しいです。トンタットダム通りにある「SAM PHUNG(サムフン)」のココナッツプリンは、ココナッツの器の中にココナッツプリンとゼリーが入っており、ベトナム人の中でも話題になっています。これ以外にもココナッツ系のデザートはたくさんあるのでぜひ試してみて下さい。

フランス料理

ベトナムは19世紀から20世紀半ばまでフランスの統治下にあったこともあり、街の至る所にフランスの面影が残っています。ホーチミンには多くのフレンチレストランがあり、「味」、「雰囲気」、「値段」のどれを取っても満足度が高いです。ちなみにベトナムB級グルメの「バインミー」(ベトナムサンドイッチ)もフレンチからアイデアがきています。ぜひホーチミン旅行中に立ち寄ってみて、パリの贅沢な気分も味わって見てはどうでしょうか。

フエ料理

フエ料理とは中北部フエ地域の料理をさし、一般的な食材を使っている物を庶民料理、高級食材を使っている物を宮廷料理としています。

フエ料理の特徴は、米粉とタピオカ粉を混ぜ合わせて生地を作るもっちりとした食感が特徴です。また、複数の香辛料やハーブを素材にする料理が多いため、他の地域のベトナム料理とは違った味わいになっており、ベトナム人の中でもフエ料理は一線引かれています。ぜひフエ料理も試してもらい、普段のベトナム料理との違いを楽しんでもらえたら嬉しいです。


食べ物料理

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事