2019年ベトナムチップ事情〜チップは必要?いつ渡せばいいの?スマートなチップの使い方は?

2019年8月29日更新

最新!ベトナムのチップ事情

2019年ベトナムホーチミンは、目まぐるしく発展し続けています。「マクドナルド」や「ZARA」や「H&M」など、ここ数年で大手チェーンが参入してきたのが印象的です。新旧融合するベトナムホーチミン。昨今のチップ事情はどう変化してきているのでしょうか?数年前は、ドライバーに、シクロそして、マッサージ店でチップを要求されて困ったという話をよく耳にしました。外資系企業の参入によって、サービス料金が含まれているお店も増えてきています。しかしながら、チップは全く不要ではありません。いつどのような時に払えばいいか?旅行時のシーンに合わせて紹介していきましょう。

ベトナムのチップについてこちらもチェック

世界のチップ事情。ベトナムのチップは高い?

世界のチップ事情。ベトナムのチップは高い?

日本人には馴染みのないチップ制度。アメリカはご存知の通りチップが必要な国と認識されて いますが、ベトナムはどうで...

スパでチップはいつ払う? 安心のチップ込みのスパ&マッサージ店も紹介!

スパでチップはいつ払う? 安心のチップ込みのスパ&マッサージ店も紹介!

ベトナムのチップの習慣もチェックしよう ** 1125 ** 2019年ベトナムチップ事情〜チップは必要?いつ渡せ...

ホテル送迎時やホテルマンへのチップは必要?

まず、ベトナムで外国人が降り立つ場所「空港」。空港からの移動手段は、タクシー、バス、専用送迎などになります。タクシーやバスを利用する場合、チップは不要です。次にホテルの送迎やホテルマン。基本、ホテルには送迎料金など含まれているので、チップは不要です。お心付け程度に渡す場合は「20,000VND(約100円)」が相場です。チップは、大きい荷物を運んでもらった。ホテル内で気持ちいいサービスを受けた。探し物を見つけてもらった。などの時に支払う方が多いようです。

レストランでのチップは必要?

最近のレストランは、お会計時のほとんどに「VAT(税金)」と「サービス料金」付加されています。こういった場合には、サービス料金が会計時に含まれているので、チップは不要になります。路上のお店では、チップを支払っているのを見たことがありません。したがって、レストラン、路上店ではチップは不要です。

マッサージ・スパでのチップについて

マッサージ・スパの際にチップが必要になる場合があります。チップが必要な場合と不要な場合はケースバイケース。日系スパは、ほとんどがチップ不要。外国人やベトナム人経営のスパは、チップ制のところが多いです。チップが必要かどうかは、レセプションで聞きましょう。高級スパや5つ星ホテルのスパは、サービス料金が支払いに含まれているので支払う必要はありません。こちらもケースバイケースですし、ご自分の判断になります。もしチップを支払う場合は、マッサージが終わり着替えが終わったら、マッサージ師に渡すといいでしょう。また紙を渡された場合、チップ料金を書く場所がありますので、金額を書きましょう。最低50,000VND(約250円)から100,000VND(約500円)くらいが目安です。紙にチップ料金を書くお店は、ローカル店の場合が多いです。だからといってサービスが悪いとは一概にいえません。人気老舗店やマッサージ師の腕に任せているお店も多々あります。ベトナム人でも多々支払っているのを見かけます。

スパでチップはいつ払う? 安心のチップ込みのスパ&マッサージ店も紹介!

スパでチップはいつ払う? 安心のチップ込みのスパ&マッサージ店も紹介!

ベトナムのチップの習慣もチェックしよう ** 1125 ** 2019年ベトナムチップ事情〜チップは必要?いつ渡せ...

チップを要求された!場合はどうする?

サービスも悪い上にチップを要求された!という話は今でもよく耳にします。大体は、シクロやマッサージ店での話が多いです。マッサージ店でサービスもよくなかった場合は、素直によくなかったといって帰るのも手です。シクロの場合は、個人で値段交渉する場合は、注意が必要です。最初の言い値と違う料金を要求されたるする事がまだあります。また、シクロに乗っている際に、チップを要求してくるでしょう。金額の要求もしてくる場合があります。これも断固として渡さなくてもいいです。しかしながら、交渉に時間がかかったり、トラブルに巻き込まれる場合もあるので、チップ50,000VND(約250円)を渡して、さっさと立ち去ってもいいでしょう。

プライベートツアーの場合のチップ

プライベートツアーに申し込んだ場合は、ドライバーやツアーガイドにチップを支払うとよいでしょう。例えば、レストランに入った時、ドライバーやツアーガイドは別のお店に入る事があります。その時に50,000VND(約250円)ほど、渡しましょう。後でまとめて支払うより、その都度支払った方がツアーガイドの機嫌が良かったり、心遣いしてくれたりします。最後に、帰りの車内でチップを支払いましょう。料金としては、昼食代の他にツアー代金の10%程度を支払えばいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?チップ用にお金を細かくしておく事も必要です。いざチップを渡す時に大きなお金しかなくて、渡せなかったという事がないようにしておきましょう。

チップの有無は、いずれの場合もケースバイケースになります。チップはいらないです。と一度断ったものの、それでもチップを渡すと素直に喜び、笑顔で受け取ってくれます。ベトナム人の給料はまだ安く、チップが素直に嬉しいのでしょう。そして、チップを渡す事で関係がよくなったり、サービスが目に見えてよくなる事もあります。素敵な旅にするために上手にチップ制度を使ってくださいね。


チップ最新レストランホテルスパマッサージベトナムホテルマンプライベートツアー2019

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事