フエハウス

The Hue House

ビルの屋上で夜景を見渡し古き王朝フエの時代にとっぷりと浸かる

市民劇場からタクシーで15分程度の場所に位置する「フエハウス」は、中部フエの下町料理からかつて皇族が嗜んでいた宮廷料理風まで楽しめるフエの郷土料理レストラン。マスタービルと呼ばれる高層ビルの屋上(10F)で営業しているため、屋内席とオープンエア席を選ぶことができます。いずれも古都と呼ばれるフエの伝統建築を尊重して建てられ、随所に19世紀を彷彿させる装飾が施されています。旅行者も多く訪れるレストランなので、スタッフサービス&マナーは徹底され、英語も堪能。昼時は近隣のオフィスワーカーのベトナム人が揃ってやってきて、ディナータイムになるとカップルやファミリー、旅行者の姿で毎夜賑わっています。扱う料理はすべてフエの伝統料理。フエは18~19世紀に栄えたベトナム最後の王朝のおひざ元。ほかとは異なる独自の食文化を育み、かつて皇族が食べたとされる料理は現在でも「宮廷料理」として愛されています。ほかのベトナム料理とは一線を画す味付け、下ごしらえ、盛り付けが特徴。滞在中一度は食べてほしいフエ料理。当時の雰囲気と一緒にお楽しみください。

更新日: 2017年4月15日

送信しています。。
送信しました。閉じる

古都フエの空間を現代に再現。宮廷料理に舌鼓

古き都のフエ。ベトナムの中北部に位置していて、皇帝のおひざ元である阮朝王宮をはじめ、歴代フエ皇帝が建設した建築物はユネスコ世界遺産に登録されているほど。

そこで当時食べられた料理は一般のベトナム料理とは異なり、独自の食文化を築き上げたことで知られていて、その特徴的な料理は「フエ料理」、「宮廷料理」とも呼ばれています。

レストラン「フエハウス」は、当時のフエの宮殿を再現した趣ある空間。ここで食べられる料理はもちろんフエ料理。当時皇帝が食したとされる宮廷風の料理、盛り付けも楽しんでください。

そもそもフエとは

現在ベトナムの首都はハノイですが、1802~1945年までは、中北部フエに王朝が築かれていました。この王朝は阮朝(グエン)と呼ばれ、歴代13代皇帝が統治していました。

この阮朝は時代を映す鏡となり、建築物には当時の宗主国や皇帝の思想が如述に表れていました。世界遺産のフエの建築物をみると中華風であったりフランス風であったりするのはそのためです。

多彩な表現をするフエ料理

フエ王朝時代、フエで暮らす民が嗜んでいたものは、現在では"フエ料理"として国内外に幅広く知られています。また、当時王宮にて皇族が食していた高級食材を用いた料理は、"宮廷料理"と呼ばれています。

現在では当時と同じ食材で調理することは困難なものの、同様の盛り付けなど工夫した、いわゆる『宮廷料理風』仕立ての料理は限定されたレストランで食べることができます。

当時を再現した美しい建築空間

フエハウスは高層ビルの10階の屋上で営業しているフエ料理レストラン。屋内席では古都の歴史を感じる当時の建築スタイルによって装飾された空間が広がっています。

中国とフランスを宗主国にしていた阮朝時代。その内の大部分を占めたのが中国。色彩豊かないで立ちで、荘厳な門構え。椅子やテーブル、柱に壁にいられる漆塗りは中国独特の建築作法。随所に中華世界を見ることができます。日本人ならどこか懐かしく感じる雰囲気も漂っているかもしれません。

同店では装飾だけではなく、食器類もベトナム伝統の陶磁器を使用しているこだわりがあります。

シティビューを望むガーデンエリア

パスタ―通り周辺の市街地をパノラマで望むことができ、眺望はどこの席からでも抜群。南国らしい緑豊かなガーデンプレイスとなります。

このように屋内でも屋外席もどちらもおすすめ。古き良きフエ時代を感じたければ屋内席で、ホーチミンの現代と調和した席ならばオープンエアを選んでみてはいかがでしょうか。

また、おすすめの来店時間はディナータイム。素敵な夜景と電飾が施された王宮風の室内空間は非常に美観。ファミリー、恋人といずれも最適。

ランチタイムでは近隣のOLやビジネスマンの姿をよく見かけます。現地人にとってもフエ料理は少し特別。すでにフエハウスの名はホーチミンに知られていることが分かりますね。

絶品フエ料理に舌鼓

フエ料理はタピオカ粉と米粉を混ぜて半透明の餅状にしたバインベオやバイン・ウッ・トム、バインナムがその代表たる一品。ハノイ料理とも南部料理とも似つかないそれは、まさに"フエ料理"という独立したカテゴリー。

また、レモングラスや青野菜など自然の食材を調味料としてふんだんに使っているのも特徴です。どの料理もまず鼻で香りを楽しみ、目で盛り付けを愛で、最後に口に頬張り味を楽しむ。フレンチや和食に通じるものがありますね。

フエハウスで用意している数十の料理はもちろんすべてがフエで当時からいまに至るまで食されている本場のフエ料理そのもの。

ベトナム人だけではなく、外国人にもフエを知り、料理を知ってもらいたいという経営者の願いが込められたコンセプトレストランとなります。

店舗メニュー

  • フエハウス バインベオ

    バインベオWater fern cake with minced shrimp
    65,000 VND (325 円)

    スプーンで十字に切って、ヌクマムを垂らして口に運んでください。フエ料理の王道です。

  • フエハウス バイン・ボ・ロック

    バイン・ボ・ロックRice dumpling cake stuffed with shrimp & pork
    80,000 VND (400 円)

    エビのすり身が入った半透明のもっちり食感。バインベオに続くフエ料理の名物です。

  • フエハウス バインナム

    バインナムFlat rice flour dumpling stuffed with minced pork & Mushroom
    65,000 VND (325 円)

    餅状のバインナムはオードブル感覚で食べられます。子供にも好評。

  • フエハウス バイン・ウッ・トム

    バイン・ウッ・トムSteamed rice paper with shrimp
    65,000 VND (325 円)

    フォーの原料となるライフペーパーを巻いた生春巻き。かなりもっちりしています。

  • フエハウス ブンボーフエ

    ブンボーフエHue Beef Noodles
    75,000 VND (375 円)

    フエの下町郷土料理。十数種類のスパイスから作られるスープとほろりと崩れる骨付き牛肉に注目!

すべてのメニューをみる

店舗へのアクセス

  • フエハウス 聖母マリア教会からスタート

    聖母マリア教会からスタート

  • フエハウス 教会の横を進んで北上してください。

    教会の横を進んで北上してください。

  • フエハウス ロータリーを越えて、ファムゴックタック(Pham Ngoc Thach)通りを進みます。

    ロータリーを越えて、ファムゴックタック(Pham Ngoc Thach)通りを進みます。

  • フエハウス 真っ直ぐ直進。

    真っ直ぐ直進。

  • フエハウス 大きなロータリーが見えます。これを右に沿って歩いてください。

    大きなロータリーが見えます。これを右に沿って歩いてください。

  • フエハウス 右に曲がり、チャンカオヴァン(Tran Cao Van)通りを進みます。

    右に曲がり、チャンカオヴァン(Tran Cao Van)通りを進みます。

  • フエハウス ほどなく歩くと、右手に「マスタービルディング」が見えます。入口正面のエレベーターで10階に上がると目的地です。

    ほどなく歩くと、右手に「マスタービルディング」が見えます。入口正面のエレベーターで10階に上がると目的地です。

ショップ紹介

店舗名フエハウス (Authentic Vietnamese Hue cuisine)
英語名The Hue House
カテゴリレストラン / ベトナム料理
エリア聖母マリア教会周辺
住所10F 41 - 43 Tran Cao Van St. Ward 6. Dist.3. Ho Chi Minh
マップマップを開く
電話番号+84 909 246 156、+84 906 870 102
Web
営業時間10~22時
休日無休
予算200,000 VND(1,000円)
座席数80
予約+84 909 246 156、+84 906 870 102
喫煙喫煙可
カード

ホーチミン3区聖母マリア教会周辺フエ料理屋上オープンエアレストラン

おすすめコメントを投稿する

おすすめ度

カテゴリ

地域で探す