【週末特集】中秋節(2020年10月1日)はベトナムの子供の日

2021年11月27日更新

今年の中秋節は2020年10月1日木曜日です。ベトナムでは中秋節は子供のイベントとして楽しまれます。9月25日、26日の土日にイベントが行われるので外出するのはこの日にしましょう。年に一度の行事の楽しみ方をご紹介します。

中秋節はベトナムでは子どもの日

【週末特集】中秋節(2020年10月1日)はベトナムの子供の日

中秋節のイベントを楽しむと言っても何をしたらいいのかわからないという方も多いと思います。

この日は女性も子どももアオザイを着て出かけましょう。アオザイは女性のためだけのものではありません。特に子どもはテトや結婚式などで男の子でも女の子でも定番の衣装です。家の前の広場や1区など何処でも中秋節のお祭りが見えると思います。

この日はベトナムの子どもの日。子どもたちはランタンを持って街を散策する楽しいイベントです。

特におすすめは、グエン・フエ通り、9月23日公園、CMT8公園などがおすすめです。火を灯したランタンで綺麗に街が彩られます。

公園や街を散歩しているとアオザイを来た子供を見かける事でしょう。涼しくなった時間帯に夜街を散歩するだけでベトナムの文化に触れることができます。

どうしてランタンを持って歩くの?

【週末特集】中秋節(2020年10月1日)はベトナムの子供の日

ランタンを持って歩くのは、色々な説がありますが魔物から身を守るために街中に魚の提灯を外に飾り付けたのが始まりと言われています。「魔ものが女性をさらう」と言うベトナムの昔話に由来していると言われています。現在ではベトナムの子どもの日として、子供がランタンを持って街を歩く姿がみられます。

街中がろうそくなどの光で彩られる景色はとても綺麗です。街を散策しましょう。

家運、商売繁盛、縁起の象徴・ドラゴンダンス

【週末特集】中秋節(2020年10月1日)はベトナムの子供の日

龍は、家運、商売繁盛、縁起の象徴と言われています。中秋節にもドラゴンダンスが街で見られる事でしょう。ドラゴンダンスは通常、龍の頭を被り、音楽や太鼓に合わせてダンスを踊ります。色とりどりのライトに5色の旗、ドラゴンの頭を守るために棒を持っている人などがいます。アクロバティックな技は中国に引けを取らない迫力があります。


中秋節月餅ベトナムホーチミンドラゴンダンス祭り

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事