【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

2020年9月11日更新

ホーチミン中心地からタクシーで約5分の所に、ホーチミン市歴史博物館があります。

歴史博物館 (レキシハクブツカン)

歴史博物館Historical Museum

ベトナムの歴史を先史時代から遡る。チャンパの遺産も見所

ホーチミンにある博物館のほとんどはベトナム戦争やホーチミン主席と偏っている中、純粋にベトナムの発展を支えた風俗、文化、民族について知ることができ、「先史時代からグエン朝時代までの歴史を紹介したエリア」「南部ベトナムとアジア諸国の文化をテーマ別に紹介したエリア」の2部構成になっています。

入場料30,000VND(約150円)で、盛りだくさんの内容になっているのですが、見学した感想としては、大まかにでも事前に情報を頭にいれておいた方がより楽しめるかな、と思いましたので、ざっくりとですが歴史の流れと、各エリアのポイントをお伝えしたいと思います。

ホーチミン市歴史博物館(歴史のエリア)

館内の展示はこのようになっているので、こちらの数字に沿ってご紹介します。【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

(1)先史時代

ベトナムの人類最古の痕跡は、北部で発見された約30万年前の前期旧石器時代の石器です。【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

それから紀元前1万年~前5000年の間のホアビン文化内で原始農業の発生、土器が出現したと考えられています。

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

(2)金属器時代~フン王(雄王)の建国

前2000年~前1000年の青銅器文化時代は農耕が主体で、青銅器が使用されだし、社会の階層分化をみた時代でした。この頃、フン王(雄王)と呼ばれる王家が国家を造っていました。

(3)北属期~独立闘争

紀元前111年から約1000年、ベトナムは中国(漢)の支配下に入ることになります。

ベトナムを支配した漢は住民から厳しい搾取を行ったため、逆に住民に強く民族意識を目覚めさせ、たびたび反抗を受けるようになりますが、どの反乱も長続きはせず、中国支配に甘んじていました。

(4)呉~丁~前黎~李朝時代

938年、ゴー・クエン(呉権)が中国軍を破り、長い中国支配からベトナムを解放しました。

しかし呉朝は965年に滅亡、内部闘争が起こり丁朝、前黎朝と短命の王朝が続きます。丁朝の時代にベトナムで最初に銭幣が造られました。

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

1010年、現ハノイに都を定め興された李朝がベトナム初の長期王朝となります。

李朝は中国のシステムを取り入れて国家を充実させました。

(5)陳~胡朝時代

1225年に陳氏が政権を獲得しました。

文学が栄え、固有の文字を作り、中国漢字から独立して自国の文字を持つようになりました。商工業も発達し、貨幣経済が浸透しはじめました。

この頃中国軍を滅ぼした戦いが「バクダンの戦い」です。鉄に覆われた杭を巧みに使い、中国軍を全滅させました。

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館(この経験を生かし、アメリカの様な大国に勝利したのが後のベトナム戦争です!)

しかし、バクダンの戦いより国家が疲弊し、隙をみて侵入してきた中国(明)に胡朝は滅ぼされてしまいました。

(9)後黎朝前期~莫朝・鄭氏政権・阮氏政権時代

中国はベトナム固有の言語や風俗を排除しようと中国風を強制、さらに暴政を敷いたため、人民は各地で武装蜂起し、1428年、人民の支持を得たレ・ロイがベトナムを解放しました。

その後帝位を奪った莫朝が南北に分裂し、北部は鄭氏、南部(現在のフエ地方のことで実際には中部地方)は阮氏

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

が実権を握り、約200年もの間対立することとなります。

(11)西山朝時代

1786年、阮氏を追放した西山の3兄弟が鄭氏も討ち、南北を統一しましたが、その後一族の対立からグエン・アイン(阮)に政権を奪回されます。

(12)阮朝時代

1802年、ベトナムの統一を回復したグエン・アインはこの時、フランスの志願兵と宣教師の助力をあおぎました。このことが後のフランス支配を許すこととなります。

ホーチミン市歴史博物館(文化のエリア)

(6)ベトナム文化遺産最大の見どころ「チャンパ文化」

中国(漢)の支配下にある頃に、中部(今のフエ地方)で独立していたのが「チャンパ王国」です。

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

当初は王宮建築に中国の様式を取り入れていましたが、ヒンドゥー教のシヴァ神を崇拝していた王により、現在の世界遺産「ミーソン遺跡」が建てられました。

中国とバクダッドの中間に位置していたこの国は「海のシルクロード」として経済的にもおおいに発展しました。

(7)オケオ文化

チャンパ王国とほぼ同時期にメコンデルタ地方に成立したのが「扶南」という国です。

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

扶南もまた交易国家であり、その中の都市、オケオの遺跡からは漢の鏡、インドの仏像に、ローマ帝国の金貨まで発掘されています。

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

他にも見どころがたくさん!

他にも、カンボジアの彫刻、アジアの古陶磁器【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

ホーチミン市で発掘されたミイラ(!)、ベトナム南部の民族文化

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

アジアの仏像

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

など、見どころはまだまだたくさんあります。

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

水上人形劇も見られるのですが2020年9月現在、コロナの影響で中止しています。

ホーチミン市歴史博物館(Expansive museum for Vietnamese history/Bao tang Lich su Viet Nam)

住所:2 Nguyen Binh Khiem,Quan1

営業時間:8:00-11:30/13:30-17:00

休館日:月曜日

入場料:大人30,000VND(約150円)/子供15,000円(約75円)

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

せっかくベトナムに来ているので、この週末はじっくりとこの国の歴史と、発展を支えた文化の移り変わりに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

近くのおすすめスポット「サイゴン動植物園」

歴史博物館に隣接しています。

子供から大人まで楽しむことができる、歴史あるサイゴン動植物園

子供から大人まで楽しむことができる、歴史あるサイゴン動植物園

世界有数の歴史あるホーチミンにある、サイゴン動植物園(Thảo Cầm Viên)。 ## 295 ## サイ...

動物たちを間近で見られて大迫力。【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

おそらく檻から逃げ出したのであろう大きな鳥が、目の前を歩いていたのでかなり驚きました(笑)

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

サイゴン動植物園(Saigon Zoo and Botanical Garden/Thao Cam Vien)

住所:2 Nguyen Binh Khiem,Quan1

営業時間:7:00-18:30

入場料:大人50,000VND(約250円)

近くのおすすめスポット「Ocean Palace(オーシャン・パレス)」

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

博物館・動物園の入口の前にある本格広東料理店。香港から仕入れた食材や調味料を使って、香港人シェフが作ります。

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館ランチが2人で1,500,000VND(約7,500円)とやや高めのレストランだけあり、味はとっても美味しいです。飲茶はランチのみです。

Ocean Palace(オーシャン・パレス)

住所:2 Le Duan,Quan1

営業時間:月~土 10:00-14:30、17:00-22:00/日 9:00-14:30、17:00-22:00

近くのおすすめスポット「バインミーなどの屋台飯」

近くに学校があることもあり、バインミーやフレッシュジュースなどの屋台も所々に見られます。歴史博物館の第2ゲートを出たあたりにあるさとうきびジュース(7,000VND/約35円)【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

とても美味しいので是非試してみて下さいね。

【週末特集】ベトナムの歴史と文化を辿る。ホーチミン市歴史博物館

料金文化フランス中華歴史博物館時間歴史ホーチミンベトナム観光週末どこ行く?オケオミイラサイゴン動物園オーシャンパレスシヴァチャンパ世界遺産戦争

collonが最近書いた記事

おすすめの記事