ベトナム旅行らしい服装ってどんなの?

2023年2月4日更新

ベトナム旅行らしい服装ってどんなの?ベトナムらしい服装というのは、ベトナムのどこにいつ行くかによってかわります。ベトナムも日本同様南北に長いので、滞在場所の気候を前もって知る必要があります。

ホーチミンはベトナム南部にあり、サバナ気候に属します。日本には四季がありますが、ホーチミンでは雨季と乾季の2シーズンです。

雨季は5月下旬から10月まで、乾季は11月から4月頃までです。ベストシーズンは乾季で、日本でいえば冬から春までとされています。

ですが、暑い国には暑いときに行ってこそ本当の姿が見えて楽しい、という考え方もありますね。気温は年間を通じて30度近い平均気温ですから夏の服装が必要です。

ラフな服装でOK。身軽さを重視

ベトナム旅行らしい服装ってどんなの?同じベトナムでも北部のハノイなどは亜熱帯気候に属します。10月から12月はカラッと乾いて過ごしやすい気候で、日本ほど寒くありませんから、半袖に軽くはおれるものを準備するとよいでしょう。

かわって1月から3月はハノイも冬です。気温も10度をきる日がありますので、上着が必要です。そしてこの時期はスコールではなく霧雨も多いので雨具も必要です。

アオザイを着てホーチミンの町を楽しむ

ベトナム旅行らしい服装ってどんなの?

ここまでは日本から持っていく服装のはなし。しかしベトナム旅行での服装といえば、ひとつ楽しみがありますね。そう、憧れのアオザイです。数ある民族衣装の中でも女性を美しく見せるという点では最高の服装でしょう。チャイナドレスと似ていますが、ゆったりしたパンツを合わせるから自転車にも乗れてしまいます。嬉しいことにベトナムにはアオザイのショップがたくさんあり、数時間から数日あれば、オーダーメイドでぴったりのアオザイを作ることも可能です。そして、民族衣装はフォーマルに使えるものです。日本でも結婚式出席時に活用することも可能だし、年齢を経ても長く着ることができます。アオザイを作るなら、共布を使ったようなぴったりの履物もいっしょに買うとのちのち便利です。


服装雨季乾季

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事