物価は日本の3分の1!コスパは世界一!

2017年8月24日更新

海外旅行をされる方は必ず事前にチェックしなければならないのが、渡航先の『物価』です。ベトナムの首都はハノイ。しかし、最大の商業都市であり、観光のメッカであるのは南部のホーチミンです。その割合は、ベトナム旅行の8割はホーチミンと言われているほど。では、ベトナム・ホーチミンの物価事情はどのようなものでしょうか。

ピックアップ

1000円で何が買える?格安ベトナムの物価事情!

1000円で何が買える?格安ベトナムの物価事情!

2015年現在は円安ドル高に傾いています。アメリカの景気回復と日本の緩和政策のダブルパンチを食らっている状況なの...

1000円でどこまで行ける!ベトナムの格安物価事情

1000円でどこまで行ける!ベトナムの格安物価事情

ベトナムの恐るべき格安物価事情。毎年物価が上がり続けるベトナムですが、日本人旅行客からすると、まだまだ安く感じら...

知らなきゃ損するベトナムの驚き物価事情

知らなきゃ損するベトナムの驚き物価事情

東南アジアに位置するベトナムは、日本からみると、物価はどれも非常に安く感じます。日本は近年アベノミクス効果、及びドル高に...

場所別物価情報!ベトナム旅行の予算決めの参考に!

場所別物価情報!ベトナム旅行の予算決めの参考に!

東南アジアといえば、物価が安い! とイメージしている旅行者が大半でしょう。しかし、具体的にどの程度安いのかは、い...

ホーチミン旅行前に知ろう。ベトナムの物価事情!

例えば、写真上の洋服。ベトナム名物のフォー(Pho)と、iPhoneをかけたお土産用のTシャツ。日本で買えば1000~1500円程度でしょうか。土産用だともう少しするかもしれませんね。こちらのTシャツ、ホーチミンでは約300~500円程度で購入することができます。約3分の1ですね。

「じゃあ、ベトナムの物価は日本の3分の1って覚えておけばいいのか」

そうともいえないのが物価事情。

例えば経済大国の日本は、輸入品は比較的安いですね。これは日本円が強いからにほかなりません。ベトナムでは輸入品はとても高く、家電製品と食品は日本以上の値段となります。また、車の値段は日本の何倍もします。これは政府が意図的に高い関税をかけているからです。

一方、非常に物価が安く感じられるものもあります。

それが写真のインスタント麺。ベトナム人はインスタントラーメンをこよなく愛し、種類も日に日に増えています。日本からはエースコックや日清などが進出しています。このインスタント麺。種類にもよりますが、ベトナム産であれば、約20円程度で買えます。ベトナム人にとっても安いので、カートに何十個も放り込んでいる方もよくみかけます。

ベトナム旅行では相場を覚えることが超重要!

ベトナムで買い物する際は、コンビニ、ショッピングセンター、ショップなどがある一方、市場や屋台もまだまだ活躍しています。市場や屋台は定価がないので、売り子の言い値から値段交渉をしなければなりません。ベトナム人でもしばしばぼったくられることがあるので、相場を知らない外国人はなおのこと。以下に目安となる相場を記載しますので、買い物する際の参考にしてみてください。※レート1円=200ドン換算

飲料水:5000~15,000ドン

ココナッツジュース:10,000ドン

ベトナムコーヒー:10,000~20,000

ポケットティッシュ(6個入り):10,000ドン

フォー:25,000~35,000ドン ※食堂

学生食堂:15,000~30,000ドン

煙草(マルボロ):25,000ドン

バイクタクシー:20,000~30,000ドン ※1区周辺

タクシー:200,000ドン ※空港から市民劇場

ホーチミン市内でも場所によって物価は違う!

上記で紹介したうち、ベトナムコーヒーを例にとってみましょう。

ベトナムコーヒーは道端の露店で飲むなら10,000ドン程度。しかし、ちょっと小洒落たカフェで飲むと30,000ドンと3倍に跳ね上がります。そして、冷房が効いたカフェなら50,000ドンするところも。この物価のギャップはちょっと日本じゃあり得ませんね。しかし、ベトナム人はもう慣れっこのようで、「冷房が効いているなら、この値段でしかたないな」とのこと……。ベトナムに長らく住んでいる筆者は、いまだに納得していません!

滞在費は世界一安い!

海外大手旅行情報サイト「Price of Travel」によると、割安で旅行できる都市ランキングで、ベトナムのハノイが世界一位、ホーチミンが世界5位に選ばれています。さらにトリップアドバイザーでは世界一にハノイが輝いています。

滞在費は宿泊代や移動費、平均的な食費、観光施設の入場料などを鑑みて算出されたもの。確かにベトナムは一泊1000円前後で宿泊できる安宿が多く、現地価格の食堂を利用すれば、かなり節約できます。もともと施設入場料は安く、博物館は平均20,000ドン程度。ホーチミン市内すべて回っても1000円でお釣りがきます。

物価は商品によって大きく異なるため、一概に日本と比べることはできません。だからこそ旅の準備段階で大まかな目安を知っておくことがとても大切。予算を立てることもできますし、なによりもぼったくり対策になります。

1000円で何が買える?格安ベトナムの物価事情!

1000円で何が買える?格安ベトナムの物価事情!

2015年現在は円安ドル高に傾いています。アメリカの景気回復と日本の緩和政策のダブルパンチを食らっている状況なの...

1000円でどこまで行ける!ベトナムの格安物価事情

1000円でどこまで行ける!ベトナムの格安物価事情

ベトナムの恐るべき格安物価事情。毎年物価が上がり続けるベトナムですが、日本人旅行客からすると、まだまだ安く感じら...

知らなきゃ損するベトナムの驚き物価事情

知らなきゃ損するベトナムの驚き物価事情

東南アジアに位置するベトナムは、日本からみると、物価はどれも非常に安く感じます。日本は近年アベノミクス効果、及びドル高に...

場所別物価情報!ベトナム旅行の予算決めの参考に!

場所別物価情報!ベトナム旅行の予算決めの参考に!

東南アジアといえば、物価が安い! とイメージしている旅行者が大半でしょう。しかし、具体的にどの程度安いのかは、い...

物価円高円安

この記事をシェアする

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事

カテゴリ

地域で探す