ホーチミン旅行。天気が悪い日の過ごし方

2023年2月3日更新

ホーチミン旅行。天気が悪い日の過ごし方南北に長い国土を持つベトナムでは、ところによって気候が異なり、北部は日本ほど明確ではないにしろ、四季があります。一方南部は東南アジアらしい常夏の気候をもち、年間を通して蒸し暑い日が続きます。

南部ホーチミンは雨季と乾季の2シーズン。こちらも明確な区切りはありませんが、往々にしてにして6月頃からから雨季に入り、12月頃まで続きます。この時期は「スコール」と呼ばれる突発性の豪雨が一日に数回降ります。

乾季も注意が必要

ちなみに、乾季もまったく雨が降らないというわけではありません。一週間に何度かはスコールが降ることも多々あります。特に早朝と夜は注意が必要です。

逆に雨季のシーズンであっても、毎日雨が降るとも限りません。数日間雨が降らないで、快晴の日が続くこともざらにあります。

雨降りの過ごし方~スパ

センススパ (センス・スパ)

センススパSense Spa

日本人観光客向け!ホーチミン市内でワンランク上の上質な時間を体験

そんな時はスパで時間を潰すのはいかがでしょうか。スパの利点は2つ。「ベトナム旅行らしい」、そして、「時間を選べる」ことです。

フットマッサージなら30分程度から60分。ボディマッサージなら60分から90分程度のコースが一般的です。雨がやむであろう時間を考慮してコースを選ぶといいでしょう。また、長雨になりそうだと感じたら、パッケージコースを選ぶのも。2時間から最長5時間コースを用意しているスパもあります。極楽リラクゼーションを体感して、リフレッシュして外にでた頃には、天気が回復して観光を再開できることでしょう。

雨降りの過ごし方~ショッピングセンター

ユニオンスクエア(ビンコムセンター) (ユニオンスクエア)

ユニオンスクエア(ビンコムセンター)Union Square(Union Square)

ベトナム料理を上品に仕上げています

ドンコイ通りのようなお店が密集しているエリアでショップ巡りはもちろん可能ですが、店から店へと移動する際に間違いなく濡れてしまいます。特に激しい雨の場合は、傘をさしていてもなかなか防げるものではありません。

そこでおすすめなのがショッピングセンター。複数の階層からなるショッピングセンターでは、数十のお店がテナントで入っていますし、ゲームコーナー、フードコート、レストラン街、カフェなど長居できるスポットもあります。

特にホーチミン1区には、大型ショッピングセンターが密集しているので、途中スコールに出くわしたら、タクシーで高い建物に向かってみてはいかがでしょうか。

おすすめスポット

ビンコム・センター (ビンコムセンター)

ビンコム・センターVincom Center

旅行者は地下のレストラン街がおすすめ!大規模ショッピングセンター

ユニオンスクエア(ビンコムセンター) (ユニオンスクエア)

ユニオンスクエア(ビンコムセンター)Union Square(Union Square)

ベトナム料理を上品に仕上げています

ダイヤモンドプラザ (ダイアモンド・デパート)

ダイヤモンドプラザDiamond Department Store

聖母マリア教会の裏にあるデパート。映画館も併設しています♪

ゼン・プラザ (ゼンプラザ)

ゼン・プラザZen Plaza

流行りの服が見つかる。ベトナム人の若者に人気の日系ショッピングセンター

コーヒー・ビーン(ビテクスコ) (コーヒービーン)

コーヒー・ビーン(ビテクスコ)The Coffee Bean(Bitexco)

プチパリの風を感じながらコーヒーを啜ってみては

まとめ

もちろんホーチミン観光の王道でもある、「カフェ」で雨をやりすごすのいいでしょう。その場合は、事前にどこのカフェに行くのか、同行者と候補先を考えておくのがおすすめ。

ホーチミン市内はタクシーを捕まえるのに困ることはありませんので、雨が降ってきたら、迷わずタクシーに乗って目的地へ向かうようにしましょう。

気候ベストシーズン雨季オフシーズン乾季過ごし方

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事