フォーの変わり種!?ビーフシチューフォー

2023年2月3日更新

フォーといえばあっさりとしたお肉や魚の出汁が効いたスープを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実は変わり種で「ビーフシチューフォー」というものが存在します。今回はフォーの有名店でビーフシチューフォーにトライしてみました。

今回訪れたお店

フォーの変わり種!?ビーフシチューフォー

お店はガイドブックにも載っている「Pho Quynh」を訪れました。1区のバックパッカー街に位置し、なんと24時間営業しているとか。日本の富士そばみたいな感じなのでしょうか。

お店の概要は下記からご確認ください。

早速ビーフシチューフォーを注文

フォーの変わり種!?ビーフシチューフォー

お店は休日に12時よりも少し早めに訪れたのですが結構混んでいて何とか座ることが出来ました。

早速牛肉のフォー(Pho Bo)や鶏肉のフォー(Pho Ga)など定番メニューが並んでいる中にビーフシチューフォーを発見。

ビーフシチューの場合、フォーで食べるかパン(バインミー用のとても軽いフランスパンのようなもの)で食べるか選ぶことが出来ます。どちらも値段は一緒で65,000ドン(約325円)。パンにした場合もはやフォーですらなくなってしまうのですが、2人で来店したのでそれぞれビーフシチューフォーとビーフシチューパンを注文。

フォーの変わり種!?ビーフシチューフォー

すると注文して割とすぐに出てきました。通常のフォーと同じようにもやし、バジルやパクチーといった葉っぱ類、ライムが机に一緒に並べられました。

気になるお味は?

フォーの変わり種!?ビーフシチューフォー

ビーフシチューパンも到着したのでいざ試食。見た感じでなんとなく伝わるでしょうか、ビーフシチューという名前なのですがとてもあっさりしています。日本で言うカレーそばみたいな感覚です。中の具は大きい牛肉のかたまりがごろごろ入っていて、人参もありました。上に載っているたまねぎはなんと生(あくまでもフォーなので…)。

思ったよりあっさりした味だったので、軽く1杯食べられてしまいました。パンのほうはバインミー用のため中身が軽く、ボリュームが物足りないと感じる人もいるかもしれません。その場合は5,000ドン(約25円)で麺のみの「替え玉」もあるようなので是非追加してみてくださいね。


フォーライター1区駐在員駐在妻yuringphoビーフシチューフォービーフシチューPhoBoKhoQuynhバックパッカー街

Yuringが最近書いた記事

おすすめの記事