ホーチミンのタンディン教会

ピンク色の教会で有名なインスタ映えスポット「タンディン教会」。タンディン教会(正式名称:Nhà thờ Thánh Tâm Chúa Giêsu, Tân Định)は、ホーチミン市にあるカトリック教会で、サイゴン大教会と同時期に建てられた、ホーチミンで最も歴史ある教会です。教会は1870年に始まり、1876年12月16日に発足しました。フランス人によって建てられました。建物全体はピンク色で塗装されており、メインタワーの最上部には52.6メートルの高さ3メートルの青銅の十字架があります。教会内には、5つの鐘があり、総重量は5.5トンもあるといわれています。左側の列は女性聖人の彫像が置かれている場所で、右側は男性聖人の台座です。タンディン教会は、その歴史的建造物を後世に残すように建物の改築が何度か行われています。

ホーチミン・タンディン教会のおすすめ記事

ホーチミン・タンディン教会のおすすめスポット

6件の検索結果 / 1 - 6件を表示

カテゴリ

地域で探す