ベトナム式!ホーチミンのマクドナルドをレビュー

2018年11月4日更新

全世界に多くの店舗を有するファストフード店、マクドナルド。誰もが知っていて、誰もが利用したことがある超有名外食チェーンではありますが、人口850万人を有するここホーチミンにも何店舗か展開されたています。

海外旅行中にでも一番ほっとできるところ、それって結局マクドナルドじゃないかと思ってしまうことがあります。なぜならどこにでもあって、だいたい味はわかっていて、衛生的で、きれいなトイレにトイレットペーパーがあって、WIFIまで完備されていて、24時間営業!まさに、不安が多い海外における安心のオアシスじゃないかと感じています。私も最初は海外旅行だ、新しい出会いの始まりだ、海外まで行ってマクドナルドはないだろ!って思っていたころがありました。そんな風に思わせてくれる、ベトナム、ホーチミンのマクドナルドを調査してみたいと思います。

ベンタイン市場から徒歩5分!マクドナルドに潜入

今回私が行ったマクドナルドは、観光名所ベンタイン市場の前にある、マクドナルド。私の行きつけです。ここホーチミンのマクドナルド、日本の都会のマクドナルドと同じく、マックカフェと一緒に作られています。ちなみに私、兵庫の田舎出身なので、ホーチミンに来て初めてマックカフェを利用しました。普通のマクドナルド以上、スタバ未満のカフェ気分を味わえるので、ふらっと気ままに立ち寄れるのが嬉しいですね。

ハンバーガーの注文方法

さてさて、注文の仕方は日本とほとんど同じ。英語で伝えてもいいし、わからなかければ、ハンバーガーに番号が振られているので番号で伝えることもできるでしょう。

その後大抵の場合、「コンボ」にするかどうかって聞かれます。「コンボ」とはセットのこと、イエスかノーで答えましょう。

ハンバーガーは一番高いものでも75,000ドン(約375円)くらい。日本に比べると、かなり割安で販売されていますね。

私が注文した、ハンバーガー。日本のハンバーガーみたいに、箱に入っていますね。味も日本と変わらない、あのなんとも安心感のあるジャンクなお味です。

ソースをトッピングしたいときは?

ベトナムのマクドナルド、ソースはセルフで取り分けるようになっています。なんと5種類も用意されていますね。ケチャップやらシーザーソースやら、いろいろな味を楽しむことができますよ。

私はケチャップやらソースで、味を変えながら食べました。

併設のマックカフェにも行ってみた

次にマックカフェも利用していましょう。ベトナムのマックカフェ、ベトナムに来たら是非味わいたい、ベトナムコーヒーを注文することができます!世界のチェーン店、マクドナルドを利用していても、ベトナム旅行の思い出になりますね。今回はそんなベトナム名物、ベトナム風カフェオレ、カーフェーサーを注文いたしました。お値段は、30,000ドン(約150円)。

注文が済んだら、番号がついたレシートを貰います。受け取り口に行って、自分の番号が電光掲示板に表示されるのを待ちます。

今回は、ベトナムコーヒーとアップルパイを食しました!このアップルパイ、日本と同じ安定のアップルパイです。

こちらのベンタイン市場前のマクドナルド、毎日たくさんの外国のお客さんで賑わっています。いたるところで、英語が聞こえてきますね。それにこの度、何人かの日本な方々にもお会いしました。

いかがだったでしょうか。日本とほぼ同じように使える、安心のあの味、マクドナルド。海外でちょこっと不安に思ったら、ぜひマクドナルドのドアを開けてみてください。「スマイルはゼロ円」らしいので!

中はクーラーが効いていて、休憩にぴったり。雨が降ってきたときも、よくこのマクドナルドで雨宿りします。ベンタイン市場がちょっと蒸し暑いので、マクドナルドでクールダウンしてみてください。


mcdonaldマクドナルドハンバーガーファストフードマックカフェカフェ注文方法チェーン店アップルパイベンタイン市場

Toshiが最近書いた記事

おすすめの記事

カテゴリ

地域で探す