ベトナム詐欺について

2023年2月8日更新

目次

    暖かい穏やかな気候、おおらかな現地人の性格、ゆっくり過ぎる時間。これらの条件からとても想像がつかないような内容ですが、現実に起こっている事象を今回書いていこうと思います。筆者の実体験も含みます。

    ベトナムは社会主義国であり、発展途上国です。ホーチミンに住んでいるとその街並み、発展度合いからそれらを感じないように思いますが、我々日本人はベトナム人から見れば当然「外国人」であり「お金持ち」のイメージを持たれることが一般的です。

    ベトナムの教育についても日本とは違い、良い教育を受けれていない人も多くいます。所説ありますが、ベトナム人自身がベトナムでは善人より悪人が多いと皮肉ることもしばしば・・・・。

    そんな中でお金持ちであり優しく愛想のよい日本人を付け狙う詐欺師が潜んでいることまたスリやひったくりなど常に我々をターゲットとしている一部の悪い思想を持つベトナム現地人がいることをしっかりと理解し

    たとえ観光であっても気を許すことなく冷静かつ慎重に(これが難しいのですが)対応されていくことを願って私の体験談を話します。

    某リンゴスマホを中古購入したいと思い、某ネットサイトで中古の個人売買(ローカル系)から少しのベトナム語が分かる筆者がよさそうな値段と状態のスマホを見つけコンタクト。

    英語が全く話せない相手で苦戦しつつもアポイントを取り、約10万円ほどを握りしめて意気揚々と現地へ。

    今思えばわざわざ詐欺師のところへ大金もって心躍らせながら行ったこと。やめておけばよかったのに。。。

    ベトナム詐欺について

    現地について待ち合わせの場所でしばらく待機して待っていると小太りなベトナム人が私の前にバイクで現れ

    スマホの名前を言うと後ろに乗れと言われ疑いもせず言われるがままバイクの後ろへ。

    そして近所のカフェに連れていかれました。なんとも薄暗いカフェで少し心配になりましたがそのベトナム人男性はスマホを取り出し私に見せました。ここで動作チェック。

    よく耳にしていたのはSimフリーと偽ってSimロックしている携帯を売る手口。なので動作チェックの中でそれらを入念にチェックしSimも入れ替え電話の発信まで確認しました。まったく問題なし。スマホを買うことを承諾しカバンに入れようとしたら返すように促され(この時まだお金は払っていません)返したところ先ほどセットした私のSimを抜いてカードだけ返してきました。「???」っと思いながらもその男性が家に付属品と箱があるから取りに行こうと言い出し「なぜ持ってきていないの?」っと思いつつも促されるまま再びバイクの後ろへ。

    ここで筆者がカフェで待つから取ってきてくれとお願いすればおそらくは何事もなかったでしょう。

    そしてしばらくバイクを走らせついたのは住宅街、それもかなり暗い。そこで降ろされた筆者にその男は「ここで5分まってくれ、すぐもどる」的なベトナム語を話しバイクで消えました。心の中でざわつくものを感じつつも新しいスマホが相場より安く手に入ることのほうが勝ってしまい、高揚する気分の中で彼を待っていました。そして彼が再び帰ってくるとそのスマホの箱を持ってきました。

    そして中身のチェック、またスマホのSimカードを再度出して私に見せてきました。それを確認し私は安心しきっていたようです。ここから値段の話になりましたがWebサイトで表示してきた値段と違う金額を提示され

    私も一瞬わけがわかりませんでしたがWebサイトに書いてあった値段を強気に言い返したところかなりな剣幕で高い値段を主張され(さっきまでニコニコと愛想のいい感じでした)態度が一変。しばらく言い合うと彼は自分の携帯から誰かに電話。その電話した相手と話すように促され電話に出ると別のベトナム人男性。

    やはり高い値段を言っていることがわかりました。私は主張を変えず高すぎる。聞いている値段はOOOドンだ。とつたないベトナム語で主張。相手がしゃべっているにも関わらず私は携帯をその男に返しさらに主張を続けたところしぶしぶといった感じで承諾。さてここからが最も怪しかった動きですが。

    私が現金をまとめて手渡そうとすると1枚ずつ数えてくれと言われました。数える間私は手元を見ていたため彼の動きはわかりません。そして数えて渡すとその男は持っていたスマホを箱に詰め袋に入れるとそそくさと去っていきました。何か嫌な予感がし渡された箱から

    スマホを取り出し電源を入れようにもつかない。そして何より何とも言えないおもちゃみたいな感じがし

    だまされたことに気づきました。いわゆる展示用のモックを渡されたのです。

    ベトナム詐欺について

    つまり先ほど一枚ずつ数えてほしいといって私がお金を数えている間にすり替えたようでした。追いかけようにも相手はバイク、私は徒歩、そして路地裏の入り組んだ地形。もはや追いかけるのも絶望的。最初にコンタクトした電話番号に電話をかけるも出ない。最終的には電源を切られる始末。もはや何もできないことがわかり、全身の力が抜けていくのを感じました。

    警察へは届け出をしましたが犯人が捕まったところでお金は帰ってこず。また本来受け取るはずだったスマホももう手に入りません。外国人ということで尚状況は厳しいことにここでやっと気が付きましたが、もはや後の祭りという感じでした。。。

    ベトナム詐欺について

    っと、この様に我々日本人または外国人をターゲットにした詐欺的行為は私の体験以外にも山ほどあると思います。

    このベトナムの環境で身を守ることは自分自身で行う必要があり、すべて自己責任です。

    筆者の場合は下心から安いスマホが買えると大した精査もせず飛び込みまた最終的なチェックや用心を怠ったことが今回のケースを招いております。しかしながら聞くところのケースでは自分でいかずとも相手から仕掛けてこられるケースも聞きます。また今回もし私が怪しいと気づき買わないと言ったら大金を持っていることを相手は知っているので何かしたの手法で脅しが入る(刃物やその他凶器)可能性があったこと知人から聞きました。ある意味お金を渡していることで身の危険がなかったことは不幸中の幸いであることも言われました。(電話で仲間を呼ぶもしくは近くで監視している可能性があり、もしもめればいつでも仲間が飛び出してくるといわれました。)

    心から楽しむためには疑う気持ちや常に周りを警戒していては心底楽しめないと思いますが

    うまい話、甘い誘いには十分注意してこのベトナム旅行を楽しんでもらえればと思います。


    ベトナム詐欺お金ipad携帯

    サンダーマツモトが最近書いた記事

    おすすめの記事