新型コロナウイルス(COVID-19)に関する2020年8月のベトナムの状況

2020年8月31日更新

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する2020年8月のベトナムの状況

中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)が、世界中で起こっており、ベトナムでも様々な対策がなされています。

ベトナムでは、2月のテト(旧正月)明けあたりからかなり早い対策がとられ、各種イベントの中止、感染が疑われている人の隔離、学校の休校、外国人への厳しい入国制限などが行われており、ベトナムの対策は世界各国から賞賛されていました。

その甲斐もあり、2020年4月から市中感染がない状態が99日続いていましたが、7月24日に、ベトナム中部の都市ダナンで新型コロナウイルスの検査の陽性判定が出た男性が現れ、現在は第二波が広がらぬように対策がなされている状況です。

ベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は、2020年8月28日の段階で、計1,036人、死者は30人となっています。(そのうち61.5%にあたる637人が回復済みです)。

この記事では、2020年8月おわりにおける新型コロナウイルスに関するトピックやニュースをまとめてご紹介していきます。

なお、こちらは2020年8月28日時点での情報となります。状況は変わっていくことが予想されますので、随時最新のニュースをチェックするようお願いします。

新型コロナウイルス・8月までのベトナムの感染者数

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する2020年8月のベトナムの状況

上記の通り、現在のベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は、2020年8月28日の段階で、計1,036人、死者は30人となっています。

海外からの入国者を除く国内での新規感染(いわゆる市中感染)は、4~7月中旬までの約3ヶ月間にわたりゼロで、7月中旬までは街の様子はほぼ以前と変わらない状態になっていましたが、7月24日のダナンにおける約三ヶ月ぶりの市中感染の知らせをうけて、ベトナムの状況は急変しました。

なお、これ以降に広がったダナン関連の感染者が、8月28日時点で548人となっている。

これをうけて、ダナンでは7月26日から社会的隔離措置が継続しています。具体的には

・休校(ただし夏休み期間なのでほとんどの生徒は登校なし)

・14日間観光客の受け入れ一時停止

・不要不急のサービスを一時停止

・公共の場に3人以上で集まることが禁止される

・外出時のマスク着用

・外出の自粛の要請

・会話をするときは2m以上の距離を保つ

・クラスター感染が疑われるダナン病院、ダナンC病院、ダナン整形外科リハビリ病院などを封鎖(※ダナン病院は25日に封鎖解除)

などの措置がとられています。

ベトナムでは、クラスター感染が疑われる施設や地域関連の住民を中心に、大規模なPCR検査を実施しています。

第2波発生の7月24日から8月24日までの30日間において、約48万件の検査がなされたとのことです。

ダナンでは、外国人約2200人を対象に新型コロナの無料検査を実施したとのことです。

新型コロナウイルスに伴う入国・出国についての情報

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する2020年8月のベトナムの状況

ベトナムへの入国は、3月21日からは外国人の入国がほぼ不可能な状態になっています。

外国人ではなく、海外在住のベトナム人の場合でも、所定の手続きを行わなければ入国ができなくなっています。

もし日本人がベトナム入国を望む際は、「外交・公用旅券保有者、企業管理者、高技能労働者、専門家」に限り、所定の手続きを踏むことにより特別便でベトナムへの入国が可能となっていますが、これも大変限られた人数のみとなっています。また、手続きが大変煩雑となっています。

日本商工会議所がとりまとめた特別便により、6月25日~27日間に約440人の日本人がベトナムへ入国しました。

日本在住の日本人の方が、ベトナム入国を希望する場合は、在ベトナム日本国大使館ホームぺージの「ベトナムへの入国を希望する皆さまへ」を確認してください。

新型コロナウイルスに関するその他の動き

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する2020年8月のベトナムの状況

ベトナムでは、数か月にわたり、外国人の入国がほぼ不可能で、入国したとしても14日間の隔離がなされる状況が続いているのも関わらず、市中感染が再開しました。この原因は、最近相次いでいる外国人の不法入国ではないかと疑われています。

特に、ベトナムは中国と国境を接しており、ここでの不法入国が絶えないと言われています。そのため、ベトナムでは国境の警備が強化されています。

24日には、ホーチミン市で身柄が確保された不法入国者112人(中国人109人、カンボジア人2人、台湾人1人)が母国へ強制送還されると発表がありました。

まとめ

以上、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)に関する、2020年8月のベトナムのニュースやトピックをお伝えしました。

今後、状況は変わっていくことが予想されますので、常に最新のニュースをチェックするようお願いします。

関連情報はこちら

ホーチミン外国人対応の新型コロナウイルスの電話相談ができる病院

ホーチミン外国人対応の新型コロナウイルスの電話相談ができる病院

電話で新型コロナウイルス(COVID-19)の相談が可能な病院 ベトナムで一番大きな休みのテト休みが終わり、お仕事や学...

コロナウイルス医療施設 (コロナウイルス(COVID-19 ))

コロナウイルス医療施設COVID-19 for foreigners

外国人コロナウイルス診断、治療が可能な医療施設


渡航情報コロナ旅の準備基本情報飛行機

渋澤怜が最近書いた記事

おすすめの記事