インスタ映えスポット認定!?映画のロケ地になった華僑ヘム

2018年6月18日更新

ホーチミンの西側、5区。この辺りはチョロン地区と呼ばれ、中国系の人々、華僑がたくさん住んでいるホーチミンの中華街。中華街と言っても派手なネオンも甘栗の押し売りも特にない、かなりローカルな地区になりますが、ホーチミン中心地とはまた違った異国情緒あふれる光景を目にすることが出来ます。

ヘム≒小道

さてさてそんなチョロン地区、大通りをぶらぶら歩くのも楽しいのですが、ぜひあなたに見ていただきたいのが、「Hem ヘム」と呼ばれる小道。一つの居住地ブロックに迷路のように張り巡らされている小道で、両脇には華僑の人たちの住宅が所狭しと並んでいます。

といってもこの「ヘム」、外国人である私たちが適当に入っていくと目立ってしまってトラブルのもととなってしまいます。あまりぐいぐい入っていくことができない場所なのですが……

今回はそんな華僑のヘムでの生活を気軽に垣間見ることができる、ヘムスポットを見つけましたのでご紹介いたします。

香港映画のロケ地になったヘム

今回ご紹介する隠れ観光スポットは……

ハオスーホン、漢字で書くと「坊士壕」。ベンタイン市場からタクシーで15分くらい走ったところにあります。

実はこの「ヘム」、観光客に一般公開されているんです。何故かと言うとこの場所、香港映画のロケ地になったところだからなんだそうです。映画の場所にもなったようなところなので、カメラを持っていけばきっと「映える」写真が取れるに違いない!早速行ってみましょう!!

小さな入口をくぐるとそこは別世界

こちらが小道(ヘム)の入り口。この奥にローカルな別世界が待っています。

入ってみると赤と金色でかかれた、架橋独特の装飾がいたるところにあります。聞こえてくるのは広東語。中心部とは全然違う雰囲気が漂っています。

このハオスーホン、実際に人々は暮らしている場所なので、最初は気を使わないといけないのかなって思ったのですが、住んでいるのはとても開放的な人々なのでたくさん写真を取らせていただきました。とても気さくな方々が、たくさん話しかけてきてくださいます。

下に広がる物語の世界

二階にも登ることが出来ます。上からヘムを眺めたこちらの風景、なんだか物語の世界に迷い込んだかのようです。

ちなみに香港映画ではこのあたりの場所が撮影されて、映画に出てくるようですね。

ジブリのアニメで出てきそうな風景ですね。

「インスタ映え」の予感!!

ホーチミンの華僑の営みを感じることができる不思議スポット、ヘム:ハオスーホン。異国情緒あふれる写真を撮って、インスタグラムに投稿すればたくさんの「いいね」をいただけることでしょう!

ホーチミン中心部から西に15分、ちょっとマイナーだけれども異国情緒あふれるチョロンの中華街地区。是非あなたも足を運んで、ガイドブックにはない違ったホーチミンを感じてみてください。

場所の詳細

場所の名前:ハオスーホン Hẻm Hào Sĩ Phường

住所:206 Đường Trần Hưng Đạo, Phường 10, Quận 5, Hồ Chí Minh

チョロンヘム観光地インスタ映え映画ロケ地ハオスーホン華僑

この記事をシェアする

Toshiが最近書いた記事

おすすめの記事

カテゴリ

地域で探す