人気No1 ツアー、メコン&クチに参加体験記

2017年7月29日更新

ベトナムらしさに大自然を求める旅行客は、今回紹介するツアーに参加してみてはいかがでしょうか。ホーチミンからツアーバスに揺られること約90分。辿りついたティエンヤン省のミトーでは、果樹園やココナッツキャンディー工場の見学、民謡鑑賞、手漕ぎボートによるジャングルクルーズなど、ベトナムの大自然を余すことなく満喫することができます。また、前半はベトナム戦争のゲリラ戦の様子を追える「クチトンネル」にもご案内します。

メリットだらけ?ホーチミン旅行をツアー頼みに!

日程

●前半

7時20分~7時30分 ホテルロビー集合(スタッフが宿泊先ホテルまでお迎えにあがります)

○ホテル出発

○クチトンネル観光

~~~~~~~~~~~

昼食(メコン川の名物象耳魚を堪能)

~~~~~~~~~~~

●後半

○高速ボートに乗ってミトーの中州へ移動

○メコンデルタを楽しむ

・ハチミツティーを試飲

・ニシキヘビを肩にのせて記念撮影

・ココナッツキャンディー工場の見学

・民謡鑑賞

・果樹園散策

○手漕ぎボートでジャングルクルーズ

○ミトー出発~ホテル着

お疲れさまでした。

※最少催行2名様~

※当日の交通状況や天候によって、スケジュールは流動的となる場合があります

※時間は目安となります

ホテル出発!7:20~

出発はツアーガイドが参加者をホテルでピックアップしてくれます。ロビーで待っていれば、日本語堪能のベトナム人ガイドが声をかけてくれますのでご安心を。また、もしそれらしい人がいたら、こちらから声をかけてみるのも。

参加者の宿泊先によっては複数のホテルに迎えに上がるので、遅刻することのないように、時間に余裕を持って待機してください。

ツアー参加の醍醐味を味わおう

旅慣れた人であれば、自力で現地に訪れる、所謂個人旅行を決行することもできます。しかし、同じ目的を持った他の旅行客と一緒に、和気藹々と安心・安全に観光できるツアーも魅力的です。

また、現地ツアーガイドは往々にしてユニークさがうり。時には発音をはずして、ついつい笑ってしまうような日本語で、面白おかしくガイドをしてくれます。

また、個人旅行では、その土地や名所の歴史や背景を知らずに訪れてしまいがちです。ツアーであれば、現地の情報に精通したガイドが分かりやすく教えてくれます。歴史背景を知ってから名所巡りをするのと、そうでないのとでは、違った見方ができるのではないでしょうか。

生きたベトナム戦争博物館「クチトンネル」9:00~

クチトンネルはフランス統治時代に作られた超巨大な地下トンネル。その全長は200km以上といわれていますが、その全貌はまだ分かっていません。「これほど複雑怪奇なトンネルは、どんな技術者を集めても作るのは不可能」と言わしめたクチトンネルは、現在では年間多くの観光客が訪れる名所になっています。

ベトナム戦争を知ろう

ベトナム戦争は1960年から1975年の15年間続いた南北統一戦争ですが、「宣戦布告なき戦争」と言われているように、フランス統治時代のインドシナ戦争もベトナム戦争に数える学者も多くいます。

クチトンネルは、北ベトナムが支援した「南ベトナム民族解放戦線」がアメリカ軍に対してゲリラ戦を行った激戦区です。ベトナム戦争はかなり複雑な背景を持っているのですが、簡単に言えば北ベトナムと南ベトナムの統一をかけた戦い。アメリカ軍は南ベトナムを支援したということです。その理由は簡単です。北ベトナムはソ連から支援を受けていて、アメリカは共産主義国が増えることをよしとしていなかったからです。当時アメリカとソ連は冷戦状態でしたしね。

結果は周知の通り、南ベトナム民族解放戦線がアメリカを撃退。クチトンネルでは、彼らの生活の様子から、ゲリラ戦法までを模型や映像を使って紹介しています。

ブービートラップ

南ベトナム民族解放戦線(通称ベトコン)がここ一帯に仕掛けたブービートラップは、シンプルながらも効果絶大。アメリカ軍の足を大いに引っ張り、戦力を激減させました。ベトコンは最新兵器を一切使用しないで、自分たちが使い慣れた昔ながらの武器と戦術を駆使していました。

全長200kmに及ぶ巨大トンネル

トンネルの出入口は、アメリカ人の体格では入れないように小さくしてあります。つまり、トンネルの入口を見つけても、アメリカ軍はどうすることもできませんでした。また、数々の偽の穴も掘ることで、彼らをかく乱させることにも成功。

トンネル内部は作戦会議室や寝室だけではなく、台所やシアタールームまで完備。アメリカ軍の動向によっては、ここで長期間隠れていなければならないこともざらにありました。ただし、伝染病や流行病で死者も多くでたのも現実です。

また、実際トンネル内部を探索することもできます。15m,30m,45m,100m,120mの5種類を体験できるのですが、おすすめは一番短い15m。かがんで歩かなければならないので、かなり体力が要る上、洞窟なのでかなり息苦しいです。

【番外編】ライフルの試射(自由参加)

敷地内では、AK47をはじめ、数種類のライフルの射撃体験施設もあります。こちらはツアー料金には含まれていないので、各自参加する場合は別途規定料金を支払ってください。一発3万ドンくらいですが、10発から購入できます。

また、試射をする方と見学者は必ずイヤープロテクターを耳につけてください。発砲音は想像以上に轟音なので、プロテクターをつけないと、鼓膜に支障がでる場合もあります。

ホーチミン郊外ツアーの鉄板 【予約】

クチトンネルはベトナム戦争に興味がない人でもおすすめできる一押しのスポット。うっそうとした密林の中をガイドに連れられて歩くだけで、東南アジア旅行の気分に浸ることができます。

ホーチミン市内は近年高層ビルが建ち並び、ベトナムらしさを感じなくなったという人もいます。しかし、郊外ではまだまだ自然が残されたエリアが広がっています。ベトナムの場合、自力ではなかなか遠出することが難しいので、クチトンネルへはツアーに参加するのがおすすめです。

昼食~象耳魚と南部料理を味わう 13:00~

クチトンネルを後にしたら、次の観光エリアへと向かいます。次はもちろんメコンデルタ地方。メコンデルタの玄関口と呼ばれるミトーの町へとバスは走りますが、道中レストランに立ち寄って、ランチタイムとなります。ここでもすかさずガイドによる料理の説明があります。料理はメコン川で獲れる象耳魚(エレファントイヤーフィッシュ)をはじめ、もち米をボール状に膨らませたソイ・チエン・フォン、揚げ春巻きといった南部料理を堪能することができます。

クチトンネルではかなり体力を消耗しているかと思いますので、ここでしっかりと体力を回復させておきましょう。また、食事中は同じ参加者との雑談も楽しんでください。旅は道連れです。

象耳魚というメコン川で獲れる川魚です。うろこを削らずに塩と胡椒を刷り込ませて素揚げしたシンプル料理。このまま食べてももちろんおいしいですが、香草と一緒にライスペーパーで巻いて、生春巻きで食べるのがおすすめです。

ソイ・チエン・フォン。手間がかかる調理法から、一般家庭では作りません。レストラン特有の料理といえます。メコンデルタ地方では、大抵のレストランで扱っているオーソドックスな料理ですが、それ以外の地域ではあまりみられません。もち米をベースに作っているので、香ばしい食感ともっちりした風味を楽しむことができます。

高速ボートで中州へ移動 14:00~

メコンデルタ地方の玄関口であるミトーに着いたら、まずは高速ボートに乗って、中州へと移動します。中州は4つの小島で構成されていて、それぞれ「亀島」、「ユニコーン島」、「ドラゴン島」、「フェニックス島」と名付けられています。今回ツアー一向が降り立つのはユニコーン島で、4つの島の内最大の面積を誇ります。

メコン川は中国、カンボジア、タイ、ミャンマー、ラオスを跨ぐ世界でも有数の国際河川。ベトナム人の間では「九龍(クーロン)」と呼ばれ、これはメコンデルタが9つの支流から形成されていることに由来しています。

それにしても、なんとも異国情緒漂う光景です。ベトナム旅行に雄大な大自然を求めている人にとっては、これ以上にない時間を過ごすことができるでしょう。

メコンデルタを楽しむ 14:30~

ハチミツティーを試飲

ユニコーン島一発目の企画はこちら。写真上の蜂の巣には数百匹の働き蜂がいて、一つの巣に対して一匹の女王蜂がいます。この蜂の巣から採取できるハチミツはローヤルゼリーと呼ばれ、日本でも高品質のハチミツとして人気がありますね。

そのローヤルゼリーにキンカンの汁を混ぜて試飲することができます。ちなみに、ローヤルゼリーは日本よりも格安の値段で買うこともできます。興味がある方は是非。

ニシキヘビを肩にのせて記念撮影

こちらは自由参加型。ニシキヘビを手に持つだけではなく、肩にのせて記念撮影をしましょう。ずっしりと感じる蛇の重量は生々しく、悲鳴を上げる女性が続出。しかし、すすんで体験するのも男性よりも女性が多いという不思議も……たくましいですね。

ココナッツキャンディー工場の見学

次はメコンデルタ特産のココナッツを素材したキャンディー(キャラメル)の製作現場を見学することができます。ここではガイドによるココナッツキャンディーができるまでの工程の説明のほか、試食、購入ができます。販売品はキャンディーだけではなく、ココナッツオイルやココナッツ石鹸などもあり、ホーチミンの市内で買うよりも若干安く購入することができます。

民謡鑑賞

優美なアオザイを纏ったベトナム人女性によるベトナム民謡。そして「幸せなら手をたたこう」を日本語で歌ってくれます。南国で獲れた果物を頬張りながら、異国の雰囲気を思う存分堪能してください。

果樹園散策

民家が並ぶ路地は自然に覆われた果樹園になっていて、南国特有の果物を発見することができます。スターフルーツ、ポメロ、ジャックフルーツ、ドラゴンフルーツなどなど、日本では見かけない果物ばかり。どれも大振りな果実で、実際これらの幾種類かはツアーの工程の中で試食する機会もあります。また、ホーチミン市内でもスーパーや市場、屋台で買えるので、目に留まったものは買ってみるのもいいでしょう。

手漕ぎボートでジャングルクルーズ 15:30~

最後は手漕ぎボートでメコン川の下流をわたるジャングルクルーズです。当ツアーの目玉でもあり、不安定なボートに乗って密林の間を縫うのは非常にスリリングな体験。

水面から突き出る水草や、生い茂る背の高い木々、オールを漕いでボートを自在に操るノンラー(菅笠)を被ったベトナム人。無邪気に川で水遊びをする子供たち。すべてがベトナムを象徴する光景ではないでしょうか。東南アジア旅行、そしてベトナム旅行の魅力がぎゅっと詰まった時間を満喫することができます。

参加者もオールで漕ぐことができる日本の都会ではまず見られない日常の生活風景

ミトー発~ホテル着 16:15~

ジャングルクルーズを満喫したら、再び高速ボートに乗ってミトーの町に戻ります。ツアーバスに乗って一路ホーチミンへ。バスは参加者のホテルまで送ってくれますので、そこで解散となります。

今回のツアーはクチトンネルとメコンデルタと、ホーチミン郊外の人気オプショナルツアーをまとめて案内しました。滞在時間が短くて、ゆっくり観光する余裕がない方は、こちらのツアーに参加してみてはいかがでしょうか。

メコン&クチ1日ツアーの詳細

ツアー名[S-3] メコン&クチ1日ツアー
催行会社スケッチ・トラベル
料金1,760,000 VND

クチトンネルメコンデルタ旅行会社スケッチミトージャングルクルーズメコン

この記事をシェアする

ホーチミン観光情報ガイドが最近書いた記事

おすすめの記事

カテゴリ

地域で探す